心に栄養

折々の言葉 /  ATSUKO選

スカッとさせない

2016-10-19 12:58:11 | カ行
人生に於いて、心理あるいは魂の危機は、何度もやってくる。
人生の季節が移り、その人の心が年齢を重ねて成長し、あるいは成熟してく時、それまで身につけていた物語が息苦しくなり、その物語が汚れたりやぶけたりする。その都度、人は「わたし」という物語を作り直す、語り直さなければならない。その都度人はわたしという物語を語り直すのであるが、その語りがよいとか正しいとか中味の問いではなく、語り直して行くことに意味が在るのだ。
語ることは騙ることでもある。うそや飾りが紛れ込むのである。重大なことは、物語の正否などではない。語り直すことによって、自分が元気になっていく、その過程が大事なのである。
「わたし」を、あるいは日本を、スカッとした物語にしてはいけない。

河合隼雄・武田鉄矢今朝の三枚おろしより
ジャンル:
文化
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 簡単なイイ気分 | トップ | 人生の終わり方 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。