出目金が行く

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

勉強って何?その168

2017-07-18 09:10:42 | 日記

夏休みがやってくる。夏期講習とやらがはじまる。

中2問題というらしい。中学2年生の60%が「べんきょう」ぎらいになるという。で、それが『問題!』?

それって、はたして、「勉強」なんでしょうか? わたしには、たんなる「学校のべんきょう」すなわち「学習」としか

見えませんから、たいした問題じゃないように思うのです。

学校って学習をする場でしょう?勉強する場じゃありません。まちがっています?

学と校って、学ぶ=まねる、校=じっとさせる、で学校でしょう!?

学習であれば、まずは「じっとしてする」という子どもが喜ばない動作じゃないですか?次に、その中味はどうでしょうか。

自分にとって「どうでもいい」ことでしょう?興味や関心が全く持てない事に、一生懸命に誰がなれますか?

ですから、いわゆる「やる気」が起きますか? 答えは「NO」じゃないですか。

受験べんきょうっていう学習って、単に学問の成果をどれだけ覚えているかを競うものです。改革だ!改善だ!とさわいでいるけれど、

いずれにしろ、いかに答えを見つけられるかを争うものです。それだけがすべてではないのに、まるで、人生の分かれ道みたいな

とらえ方がされているわけで、そういう思考をするように作られている「わたしたち自身のお頭」の中味こそが問題!なのではありません?

あらためていいます。勉強と学習とはちがいます。漢字の違いは、その意味すなわち「行為=動作」のちがいであります。

3日後から、ラジオ体操がはじまります。活きのいい子供を見ると、いい気分になります。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勉強って何?その167 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL