黒仁庵 野ざらし男 ポケットにバイクを忍ばせて。

五感で感じる情報を、どうしたら活字に出来るか、考えてみよう。
それが出来ると、五感が研ぎ澄まされるって不思議がわかる。

絵の具のゆくえ

2017年05月15日 | 日記


雨が降りそうだったが、どうしてもアクリル絵の具リキテックス12色が必要だったので、バイクを飛ばした。
 山本文房堂は昭和7年東京神田神保町から博多川端に支出店から現在地大名に移り独立したのが1952年。福岡の、いや九州画材屋の老舗中の老舗だ。 

こういうとこはいけませんね。ついつい今はいらないケント紙やカッティングシートを買ってしまった。

しかし最近のリキはいいね!マーカーペンタイプなんかもあるんです。画学生だった頃、マッキーみたいなリキないかなぁ、、いつも思っていた。


 お金を払い商品を受け取る。レジのお姉さんが
「とめておきましたから」という。
とめておく?ナニを?見るとレジ袋の口がテープでとめてある。

???なんでそんなこと言うの……アリガトウと言って出口へ、、あーぁ、ついに雨だ。いやだいやだと思いながら、自動ドアが開いた時、気付いた。そして振り返って言った

『雨、雨だから口をとめてくれたんですね!』
『はい!』ニコニコお姉さん。

同じ店内の自分は降ってきたのに気付いてなかったのだが……


 山本文房堂、品揃えがいいとか、老舗だからとかでここに、来るんじゃない。このチョッとした気遣いが、またこの店に足を運ばすのである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シルクロードの末裔 | トップ | ロッカウェイとは何か ーroc... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (ひろ)
2017-05-15 09:47:22
心遣いの出来る さすが老舗。
黒仁庵さんは 画学生でいらしたの・・・。
どんな絵を・・・濃い味付けの抽象画? 見たいで~す。
私は画家に憧れて 憧れだけでは絵描きにはなれないと知って
さっさとあきらめお絵かきおばさんになりました。
ひろさん(๑˃̵ᴗ˂̵)おはようございます (黒仁庵)
2017-05-15 10:02:40
大学は美術の油でした。
今描くのは落書きのようなものですが、雑誌のイラスト画ですね。
「もっと見る」を押してもらったら、「イラスト画」とか色々(少し)載せてますよ(≧∇≦)
僕は絵が下手で、絵を辞めたんですが、家の端々に落書きのイラスト(トイレとか階段とか緩いヤツ)貼り付けてたら、編集長が、こういう絵を描いてくれって、連載の挿し絵に描いてます……
まあみて下さいな♬
山本文房堂 (ac2essk)
2017-05-15 10:14:53
『山本文房堂』、この懐かしい名前が50年近く前の若き日の想い出を甦らせてくれました。
私は高校生の頃に油絵を描いていましたので、その頃新天町にあったこの画材屋さんにはよく通っていました。
時々顔を見せるアルバイトの若い女性に淡い恋心を抱き、その娘がレジにいるとドキドキしていたことを思い出します。
遠い故郷の、記憶の奥に埋もれていた懐かしい事柄を思い出させてくださり、ありがとうございます。
きままにさん (黒仁庵)
2017-05-15 10:26:14
気侭にさんは福岡の方なんですね(^-^)

画材屋さんは大変なんです。従業員はだいたい『絵描き』なんですね。(でなきゃ絵の具や紙やキャンバス、筆にパレットにあれだけ的確なアドバイスは出来ない)だけどお客に、自分は絵描きだと悟らしちゃいけない。なぜなら『お客が嫉妬する』からです。絵描きってデリケートなんですね。もちろん例外もありますが、自分の経験から導きだした知識でお客の相談にのり、さらに自らは「絵なんか描いたこともないですよ」と振る舞う意識コントロール、そのテクニック。いつも脱帽すると共に労をねぎらう気持ちになります。これを『地上のキャビンアテンダント』と呼ぶことにします。(もちろん美人に越したことはない)
Unknown (せぴあ)
2017-05-15 13:27:56
気遣いの 山本文房堂さん(の、お姉さん)素晴らしいですね。
気遣いに気づき、流さず心にしっかと残す黒仁庵さんも素晴らしいと思います。
気づいた時、振り返って『お姉さん』に聞いたのですね!?
・・そういうところもいいなぁって思いました。
絵を描き、文を書く方の感性は良いですね〜。
子供の頃、私は漫画家になりたかったです。
ベルサイユのバラ 真似してしょっ中書いていました。
絵の具を使った絵・・は、鑑賞するものと
思っております(^^;
せぴあさん (黒仁庵)
2017-05-15 13:45:38
僕は無粋なとこがあって、そっとした優しさなんかを受けると、ついつい口に出してお礼を言ってしまいます。
逆もそうで、嫌な目にあうと「そんなバカなことがあるか!」とそういう連中に堂々と言ってしまう.....嫁には耳を引っ張られ、「そんなこれは言わなくていいの」と叱られますヽ( ̄д ̄;)ノ

この間もバイク事故を目撃し車を停め、意識の確認や交通整理をしてて、救急車来て事故の状況などを説明してたら、救急隊員が「事故の相手の方ですか?」と言うので
「通りすがりの見ず知らずの人です」と言って、隊員さんがズッコケてました。
人の気遣い…さり気なく受け止めたいもんです(^_^*)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL