黒仁庵 野ざらし男 ポケットにバイクを忍ばせて。

五感で感じる情報を、どうしたら活字に出来るか、考えてみよう。
それが出来ると、五感が研ぎ澄まされるって不思議がわかる。

一時間一会の角島パラダイス

2017年08月10日 | バイク
角島を目指して走ることに決めました!
8月4日金曜日から走りだし、
角島へは
5日土曜日14時頃を予定。
帰路はその晩
新門司港19時50分のフェリーに乗ります。
あなたに、絶対会いたいです(笑)

というメールをいただいた。

名古屋に住むカップルだが、2人で山口の角島大橋を見たいというのだ。

もう40歳過ぎた女性なのだが、バイク乗りの聖地となっている下関の角島。
上の写真は加工してない。見事なオーシャンビューのここに自走で来るか……

土日か……いや、山口 福岡にいるのは、土曜日実質5時間……
走ったぶんこの方 里子さんは大きくなれる。
伴奏があろうとなかろうと、だ。
バイクの単位はいつも「1 」
山口も北九州も、角島に劣らぬ良いとこはいっぱいある。
だけどこの2人は角島を目指して走るのだ。
1点を目指すその心が尊い。
伴走の大林さんは男だ。
里子さんをサポートし、里子さんのためにセッティングし、何かあった時は最善策を講じてくれるだろう。
世の中に男や女は星の数ほどいる。だけど里子と大林という、それぞれの「単位1」が出会い、百になり千になり、無限の可能性が生まれること、そんなこと……そうそう無い。
だから、奇跡の2人に、会いに行った。

人の数だけいろんな冒険もあるでしょう。
けど「さあさあ冒険しましょう」なんて、日々の生活で中々いえたもんじゃない。
里子さんは仕事上、長期の休みがそうそう取れない。いや全く取れない。
週末の2日のバイクで休みで行ける距離は、彼女の自宅からどんくらいだろう……彼女は考える。相棒の大林さんに相談する。
「頑張れば ナンだって出来るさ」と口で言うのは簡単だけれども、プランを建てる意志、それを本当にやっちゃう行動力。
乗ってるマシンは20年落ちの、まだ「アドベンチャーバイク」ってジャンルの言葉ができる前の少し古めの400ccオフロードバイク。

1週間、バッコリしっかり仕事して、夜11時に一睡もせず名古屋を出発。
本州西の端 下関まで約700kmを少々の仮眠をしつつ、なんと16時間30分で走り抜けた里美さんと、かの地、角島大橋で会いました。




少し話し少し島を巡り、少し缶ジュースを飲みんで、会ってる時間はたったの1時間くらいだったか……
夏の日本海は季節風が南、つまり「山側」から吹くので、海が荒れない。穏やかな優しい海だ。

すぐにまた、数10kmを走り九州は新門司の、名門大洋フェリー乗り場まで一緒に走り見送ったのです。



旅の方法はいくらでもある。
快適極まりない豪華客船で世界一周旅行をする人もいれば、徒歩で九州1周する人もいる。
旅なんてしなくったって人は生きて行ける。
けど、わざわざそれをする意味ってヤツは、それをやった者だけが手に入れることが出来る「生きる力の発見」に他ならない。

福岡から大阪までフェリー。船旅だって決して「楽チン」じゃあない。三半規管はやられるし、ディーゼルエンジンの音はチットも子守唄になってくれない。朝大阪についても名古屋まで自走旅が待っている。
今日(昨日)「無事たどり着きました」と報告があった。
おめでとう。

楽しかったですか?ツラかったですか?伴走の大林さん、「野郎同士」であってもナビゲーターと言うのは大変な仕事です。けどあなたは自分の意思でナビゲーションを買って出た。
長距離ロングは大変だけど笑顔で乗り切ったその先の「達成感」はあなた方2人の生涯の宝物になるのでしょう。


帰ってニュースを見ていたら「下関今年1番の気温、37℃」って言ってました。
いろんな人の補助に感謝してる気持ちも尊いと思いますが、あの地獄のような暑さの夏の思い出は、あなた達が、あなた達だけで見つけた記憶です。どうぞ大切になさって下さい♬

ほら、下の写真。なんだか三脚立ててる里子さんの上に、夏爛漫の太陽の光が降り注いでますよ。

また、お会い致しましょう
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祭り囃子の聞こえぬ祭 | トップ | 遠の朝廷(とおのみかど)博多 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (なずな)
2017-08-10 23:47:57
あらま、偶然ですね。
私も、4日に、角島大橋の写真アップしてましたよ~!
行ったのは、もう5、6年前ですが、ほんと素敵な橋です。
無料ですしね(笑)
名古屋からのお友達も、きっと満足なさったことでしょうね。


なずなさん (黒仁庵)
2017-08-11 08:31:54
食堂も暑い盛りでしょう(^^;;
毎年言われてますが猛暑もはなはだしい……
バイクは実は冬より夏が鬼門です。
冬は着込めばいい。夏は脱ぎようもなく、太陽にさらされる。
おまけにエンジン股ぐらに抱え、アスファルトの照り返し、他の車の排気ガスエンジン熱。吹く風は35度も越えれば立派な熱風………
地獄です(≧∀≦)
なずなさんご自愛くださいm(_ _)m

コメントを投稿

バイク」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL