黒仁庵 野ざらし男 ポケットにバイクを忍ばせて。

五感で感じる情報を、どうしたら活字に出来るか、考えてみよう。
それが出来ると、五感が研ぎ澄まされるって不思議がわかる。

ああ新潟の住吉神社とは何か

2017年06月09日 | 旅行


去年念願の新潟に行った。
大学時代の親友んちに2日厄介になった。
ああ信濃川。やっと会えたよ信濃川。新潟は古くからの国際港で、超巨大な港街。ただし日本一の河口ってことは大陸棚が広い、つまり遠浅の海ってことで大型船が中々進入できない。海底を掘り起こす浚渫(しゅんせつ)工事の歴史だったという。
ここにも「住吉神社」はあって、日和住吉さんと呼ばれ船が座礁しないように、海に向け航路を指揮した指令管制塔の役目をしていた。小高い丘のてっぺんに可愛くチョコンとありました。新潟よかとこゴッツォラレ。海の神住吉さん。


日和住吉神社。
ここで私はグローブの片方を落とした。理由はオッペケペーだからだ。200メートルくらい走って気づいた。 引き返すとオッさんが落ちたグローブを見ている。
はーい!それボクのですぅ、、、50メートルくらい離れている。 オッさん拾いました。ええ、なぜか拾ったんです。 と、右折車がスッと私の前に、、、邪魔っす。どいてください。裏道だからトロトロ走ってます……え〜い!どかんかーい‼️どきました。あ、オッさんグローブ持ったまま部屋の中に……チョと待てチョと待て、オッさん!!
間に合いました。
「それボクのです。落としちゃって」
「はぁ、、」
「ツーリング中なんですが、そこの神社寄って、何だか落としちゃったんです」
「あーこれ、、、じゃ気をつけて」
「どひゃーん」
「よい旅を」
「どひゃひゃ〜ん」
オッさんあんた、オッさん、、、片方だけのグローブ持って帰って、どーすんだ?一体どーしたいんだ!!
「あ、ありがとう、、、」 なんだ?感謝していいのか?
不思議の国の新潟、ひより住吉神社。
さらに泊めてもらってた親友の奥さんの実家はここの神主さんだったのは、あとで知ったのだった。
この話を夜そいつんちで話してたら
「そこ…私の実家ですぅ」
あぁ思い出の新潟。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勝手に住吉神社大戦争!! | トップ | 照和伝説。その向こうに流れ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL