田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

西武新宿線の急行が鈍行になってしまう街、井口資仁を生んだ街、田無に住んでるカオスな人が野球について語るブログ。

とんでもない新人

2012-07-14 22:20:17 | 野球
ソフトバンク快勝=プロ野球・ソフトバンク―ロッテ(時事通信) - goo ニュース

今日も武田のピッチングに唸らされた。
初回、1アウトから根本を歩かせ、井口にレフト前に打たれる。
サブローのライトフライで2アウト1、3塁。
バッターは角中。
山田ならコントロールを悪くして歩かせるだろうし、岩嵜ならボールが真ん中に集まって痛打を食うと思われるシーン。
しかし武田はファールで粘られるも最後は緩い変化球を投げて見逃し三振。
堂々とした立ち上がり。

ランナーを置いてからの方がピッチングが冴えてくる感じの武田。
3回、今江にレフトに2塁打を打たれた後、4回岡田にショート内野安打を許した後。
躓きそうなシーンなのに落ち着いて相手バッターを操る。

本多の走者一掃の3塁打で3点先制した直後の6回、マリーンズの中で一番武田に合っていると思える先頭の井口にレフト前に打たれる。
疲れも少し見えてきた武田だったが、サブロー角中と打ち取り、最後は今江をまたも緩い変化球で見逃し三振に。
キャッチャー高谷よりも、相手バッターのこと、試合の状況が読めているのではないかと思える武田。

こんな武田に今日も刺激されたのが神内。
7回を三人で斬って取って、8回岡島、9回森福が締めてまさに完勝だった。
そしてヒーローインタビューでは自ら「上からショータ」と言い、最後には本多と「ショータ!オイサー!」と叫んでいるあたり、ますますただの新人ではない感が増してくるのであった(苦笑)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今季初サヨナラ | トップ | ドイルはあくび王子? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。