田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

西武新宿線の急行が鈍行になってしまう街、井口資仁を生んだ街、田無に住んでるカオスな人が野球について語るブログ。

豊かな胸で一命を取り留める

2006-08-18 11:29:31 | その他
イスラエルとレバノンとの戦争。
14日に国連安保理の停戦決議が発効し、一応はストップという形になっているらしいが、対立の構図が改善されたわけではないので、今後どうなるかはまったく分からない。
この戦争で1000人以上の民間人がなくなり、またそれ以上の人が負傷したわけだが、中には銃撃を受けながらも九死に一生を得たという人もいる。

イスラエルにはレバノンのイスラム系過激派、ヒズボラ軍によるロケット弾による銃撃を受けたが、銃弾が豊胸手術を受けたシリコン部分に留まって死を逃れた24歳の女性がいるそうな。

とても幸運な話だと思うが、戦火の真っ只中にいる人が、実は豊胸手術を受けられるくらい生活に余裕があったということにちょっと違和感を感じてしまうのは、戦争というものに想像力がとぼしくなっている日本人だからだろうか。

それにしてもレバノンとイスラエルとの戦い、イスラムとユダヤとの戦いと頭の中では分かっていても、テレビから流れてくる映像を見ていると、なんだか訳がわからなくなってくる。

今はただ、銃撃を受けた町並みが元に戻り、そして石油関係施設の爆破によって油が海に流れ出し、真っ黒になってしまった砂浜には観光客があふれる平和な日々がやってくることを遠く日本から祈るのみである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二日で1,5勝取りこぼし | トップ | 一応左腕恐怖症は克服 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
バストアップ! バストアップ! (バストアップ! バストアップ!)
バストアップ!成功体験談!
よく効くバストアップサプリ (よく効くバストアップサプリに関する情報)
最近、豊胸手術のおかけで、ロケット弾から身を守った女性の話がありましたが、
美容整形した人も (二十歳過ぎても胸を大きくする方法)
周りでは美容整形した人も増えていて、やはり胸のことは気にな