田無の万華鏡 (旧名田無の日記帳)

西武新宿線の急行が鈍行になってしまう街、井口資仁を生んだ街、田無に住んでるカオスな人が野球について語るブログ。

今年のタイガースを見た、だけ・・・

2013-02-26 22:50:15 | 野球
侍ジャパン、阪神投手陣の前にわずか3安打零敗(スポーツ報知) - goo ニュース

普通に「オープン戦を見た」という感想しかない、この試合(苦笑
0点しか取れなかった日本代表には特にこれは!というシーンはなかったし、逆にタイガースには「ヘぇ~」と感じるシーンがいくつかあった。

福留と西岡。
この2人がタイガースの今年の目玉。
メジャー帰りの選手は衰えている場合も多く、日本時代の額面通りに受け取れないものだが、この2人は日本時代を思わせるプレーを見せてくれた。

福留は内野安打1本だが、その前のファールはライト線への鋭い当たり、福留らしいスイングだった。
西岡も左中間を深々と破る2塁打を見せてくれた。

投手では3番手の川崎。
マリーンズ時代にときどき見た左のサイドハンドだが、昨年で戦力外。
年末のTBSの戦力外選手特集にも姿を見せていたような。
正直いい当たりを打たれ、ファインプレーに助けられたシーンはあったものの、2回無失点の成績は何よりも本人に自身になるだろう。

一方の日本代表。
唯一の失点は涌井が伊藤に浴びたセンター前へのタイムリーだが、昨年前半の涌井を見ているような間の悪い感じを受けた。
打てないのは織り込み済みと言われるが、それならなおのこそ入れ替えを頻繁にして戦うことが求められるだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公務員の副職 | トップ | 馬原、復活なるか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
2/26 阪神1-0侍ジャパン~結果はともかく上本キュンが(ToT) (ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2)
昨日は、京セラドーム大阪で侍ジャパンが阪神と強化試合。 2/26 WBC強化試合:阪神-日本(京セラドーム大阪、19:00) 日本 000 000 000|0 阪神 000 010 00X|1 【投手】 (日)内海、涌井●、森福、摂津、今村-阿部、相川 (神)メッセンジャー、...