会社・自分に追い込まれる前に

人に言えない悩みについて、頭の中を整理

トランプオポテュニティか?

2016-11-12 09:30:10 | Weblog
トランプショック、とりあえず、資産の目減りは回避された。
円高、株安が元どおりに、というか、むしろトランプショックよりも良くなった。笑

ただ、安全保障のリスクは残ったままだ。
私が考えるポイントは「アメリカにとって、東アジアは利益をもたらすのか?」
今までは「冷戦」そして「東アジア安定」ということうがあったけど、今は、これからは?
もし、アメリカ第一主義、保護主義的な視点に傾注して行ったら、東アジアなんてアメリカにとって重要じゃないんじゃないの?
ポイントは中国がどこまで進出してくるか、「太平洋の途中までしか行かないよ」って中国が言ったら、アメリカはそれで良しになるんじゃないかな。あとは北朝鮮。アメリカが北朝鮮は攻撃しないよって言ったら、それも問題なし。
アメリカが「アジアのことは自分でやってね」となるのが一番リスクだね。
経済活動はまた別の面でいろいろあるけど、それはそれなりになるんだ。いまだって、中国、ロシア、も含めて、ビジネスは動くからね。

まあ、日米安保のような重要な国家間の条約(日米間のものは、これが中国とか韓国とかはこいはいかないけど)はそう簡単に変えれるもんじゃない。4年間というこの期間、これをどうしのぐか、どのように日本が真剣に考えるか。もし、アメリカが撤退したら、どんなにお金がかかって、実際に南の島で戦争、小競り合いがあって、自衛隊を増やさなきゃいけなくなって、「平和」をKEEPするためにはお金も若者の戦争にいくリスクも考えなきゃいけない。

政府だけではなく、国民も真剣に考える機会にはなるのは確実。
そういう意味では、「トランプショック」ではなく「トランプオポテュニティ」とも言えるかもね。

psでも、集団的自衛権が成立していてよかった。これがなかったら、トランプとの交渉が難しくなっていたな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプショック、、、えら... | トップ | 白州 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL