会社・自分に追い込まれる前に

人に言えない悩みについて、頭の中を整理

久しぶりの中国

2017-06-30 22:03:50 | Weblog
久しぶりに飛行機に乗った。
もう1年くらいあいているような気もするけど、3ヶ月ぶりか。
今回は中国・上海。
中国は何年ぶりになるかな、前回の上海はとてもたのしかったな。
今回もかなり来ていなかったせいもあり、記憶に残る時間だった。

上海の空港にはかなり順調に着いた。日本で搭乗してすぐに飛行機が動き出す前に早々とねむりについた。、食事は出たようだけど、それも取らずに熟睡。起きたらもう着陸体制。ほんの10分で着いたような気がした。しかし上海に着陸してから、どこかをかなりの時間ウロウロ。。。こんなことあるんだな。飛んでいる時より、着陸してからの方が長かったような気がした。

空気。「pm2.5がひどい」ということは聞いていたものの、やはりスモッグがかかっている。空港から都心へ向かう車の中で喉がイガイガして咳き込んでしまう。それでも上海そして夏だったので、全然良い方だそうだ。今回のpm2.5の数値は70-100とのこと(この数値も天気予報のようにwebで確認できるそうだけど、結構低く出すそうで、アメリカ大使館のweb上の数値が1番信頼できるらしい、また100以上になると子供達は外で遊べなくなるそうだ)。北京の冬は数値が500にもなって、ニュースで聞く通り、本当に隣のビルが見えなくなるらしい。

ビジネスではとてもいい経験、また実りがあった。
昔来た時よりも会社内の立場が上になったこともあり、数人のエクゼクティブと会話・議論をする機会を持つことができた。皆さん、若く、賢く、エネルギッシュでいて、低姿勢。非常に好意的に接してくれる。でも、ひとたび今後の取引に関わることになると、途端に真剣になる。中でも、中国、いやグローバルでも業界の中では片手に入る会社には勉強することが多く、これでは日本も勝てないな・・・と情けないながら感じてしまう。

朝食ミーティング、昼食ミーティング、夜の会食。全部違う会社と1日に会食をしたのも初めて。中でも夕食の相手は中国内で有数のSWメーカーのCEO。これまた日本好きといこともあり、よく喋る。まあ、通訳も用意してくれたけど、ほとんど英語で話してくれるから良かった。フランスとかだとこうはいかないからなあ。。。少々たいへんなのは"乾杯"。やたら、乾杯をしてくる。その度に53度の中国のお酒を一気する。。。いや、キツかった。

変わらない点もある。今回泊まったのが上海の中でもかなり高級な部類に入るホテル。ホテルの前は綺麗で、横にはブランド店が入るおしゃれなビル。歩いている人達も変な風貌の人は1人もいない。治安も良いとのことなので、夜の会食の後で1人で散歩をしようとしたところ、どこに隠れていたのか、いきなり3回呼び込み攻めにあった。いや、これがまたしつこい。。。さすがに、危険を感じてなんとか逃げたけど。こんなとこは変わってないな。

活気のある街、ビジネス。(少なくても表面上は)好意的な人たち。正直、中国は嫌いだったけど、少し和らいだ。。。まあ、でもこの空気はいただけないな。。。
と、あとびっくりしたのはline。line自体が規制されているとは聞いていたけど、それは本当だった。一部は日本とやりとりできるのだけど、スモッグがかかった空の写真はいくら再送しても送れない。写真だからNGなのか、その前のコメントに「空気が悪い」と書いてしまったからなのか。。。当然ながら、一部の日本のサイトはいくら検索してもエラーになる。
あとは自転車のシェアリング。そして電動バイク。これらがかなり普及している。電動バイクにいたっては、歩道、車道、両方を我が物顔で走っている(もちろんノーヘル)。駐在員に聞いたところ、明確なルールがないままほうったらかしとのこと。そのうちに法律が後追いで制定されるそうだ。その際、政府からは「規制ができた」ではなく、「規制が厳しくなった」とアナウンスされるそうな。
また、中国では現金、特に小銭はほとんど使われないとのこと。全部お財布ケータイ。個人間の決済もできてしまうほど。個人間の取引を中国版lineでさせてしまう。これって、銀行法に触れるのでは?と思うけど、言ってみれば、中国版line内のビットコインのようなものか。これも、そのうちに後追いで法律が適法とするみたいほんとかな。
いやはや、中国という国を再認識させられた。

でも、2泊3日だったけど充実していた。また、来よう、、、と思っていたら、そのまま普通に帰してくれないのが中国だ。
帰りの搭乗。定刻より少し早く全員搭乗、ドアが閉まった。こりゃいいや、と思って、行きと同じく眠りに着いた。結構寝たなと思って眼が覚める、もう着いたか!やったね!、と思ったら、まだ滑走路にも出ていない。全く動いていない。時計を見たら30分経過してる。アナウンスが入り、管制塔から離陸許可が下りないという。それから30分ずっと飛行機は動かない。1時間経って、ようやく動き出したら離陸待ちで20分。離陸を待ってる前の飛行機も日本のもう一つの飛行機会社だったけど、日本に対して意地悪してるんじゃないか?と勘ぐってしまうほど。
結局、1時間半弱経ってようやく空に上に来れた。

さっき熟睡したから、もう寝れず、このこの書き込みを(オフラインで)書いている(苦笑)。
やっぱり、中国には来たくなくなった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1人でのブレーンストーミング | トップ | 再、吾唯足知  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL