毎日HAPPYDAY

HAPPYにつながる何かを発見したい

本田忠勝公園と俳句16日目

2016-10-16 06:46:39 | 日記

 

俳句30日チャレンジが折り返し地点まで来ました。

作っている俳句はたぶん幼稚なものだと思います。

何も知らないので堂々と発表している気もします。(← まちがいない)

 

でも、俳句日記は楽しいし、脳トレにすごくいいと思います。

なんでもかんでも575にしてつぶやいています。 

「とーちゃんが帰ってきたぞやれ急げ」→とーちゃんが枝豆ゆでるやれ急げ

「洗濯機また忘れたり入れたまま」  →洗濯機秋晴れ見とれ入れたまま

「タイマーを付けても忘れ故障かな」 →タイマーを付けても忘れ冷まじや(すさまじや)

「おはようさん窓を開けたら深呼吸」 → おはようさん窓を開けたら秋の風

右側は「5+7のフレーズに季語を付けると俳句になる」と本に書いてあったのを思い出して

ほんとかなとやってみました。これだけではよくないですね。

別の本に書かれていた「言葉に愛情を注ぐ」というのが抜けています。

それでも575のリズムが日本人には沁みついているというのは感じました。

 

**********

 

お墓詣りに行ってきました。

場所は、房総半島のほぼ中央にある「大多喜」というところです。

家から、電車でも自動車でも3時間以上かかります。

これから歳をとるとお墓参りもできなくなるということで、家の近くの公園墓地に

改葬することにして、最後のお参りをしてお墓を閉めました。

明日は、新しいお墓に納骨します。

毎年来ていたので、寂しいですがやはり体力的に厳しいですので。

本田忠勝公園からの大多喜城

 

大多喜は徳川家康の家臣であった本田忠勝の築城以来3代に渡り城主を務め、

3代目で廃藩置県となり、今は郷土博物館になっています。

アガサとーちゃんの家系は本田忠勝の家臣だそうで、本家には家系図があり、

法事の時だけ使う家(別荘)というのがあって、鎧兜、刀が床の間に置いてありました。

この家も、今日見に行きますと壊されて更地になり草が生えていました。

本家の人たちも高齢化して、墓守も大変なのでしょう。

本田忠勝、息子、孫の墓

 

お墓は本田忠勝公園として整備された墓地の一角にあり、一番奥に本田家3代のお墓があります。

本田家は別のところが本家で、ここは分骨された場所です。

私が最初に行った時は公園はなくて、周りが田んぼで、息子たちがお墓まいりそっちのけで

カエルやタニシを取って遊んでしまい難儀しました。

それもいい思い出になりました。

城下町の佇まいがたくさん残っているので、観光に来る人も多い場所です。

もう行くこともないかと思います。

公園の一角に石碑があり、正岡子規の句が刻まれていました。

掘割や藪鶯を両の耳  大多喜にて かくれ蓑日記より

正岡子規が訪れていたのですね。

何度も来ていたのに、石碑に気が付きませんでした。

 

 

俳句30日チャレンジ  ←ここにまとめてあります。

10月16日

大多喜の城仰ぎつつ墓参り 

(季語 墓参り)

大多喜城の美しさも入れたかった。

お墓詣りの俳句なので今日の俳句はこちらにしました。

 

秋晴れや大多喜城の白き壁  

これはどうでしょう。墓参りが入っていないのですが。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 断捨離対象外の物 | トップ | エクセルでお絵かきーハロウ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
真田丸 (るり)
2016-10-16 07:24:11
「真田丸」で本多忠勝が活躍しています。
アガサさん一家は子孫なのですね!!
大多喜の地名は知っています。うちからフェリーで金谷に行き車だと、多分、2時間くらいで行けるのかもしれません。でも、千葉県は広いのでもっと遠いかも。
昔、海岸線をドライブしたことがありました。フェリーで30分くらいなので、また、ドライブしてみたいです。
正岡子規も訪れている歴史の街なのですね。

なんでも575にできると楽しいですね。
大多喜の景色が詠まれていて良いと思います。
おはようございます (まる)
2016-10-16 09:19:20
才能アリ!です。すごいです^^
上の俳句日記のように、気楽にできるのがいいですね。
どうも、ワタシは考えすぎてるのか発想が乏しいのか、
いまだ産みの苦しみ(を楽しんでるんですけど)です。
アガサさんのように、気楽にポンポンやりたいものです。^^

今日の句、どちらもシンプルで、しかも情景が広がります。
いいですね~。
575は楽しい (keito2)
2016-10-16 12:19:20
何でもかんでも575って楽しいですね
「洗濯機秋晴れ・・・」と「おはようさん・・・秋の風」は、季語も入ってれっきとした俳句だと思います。
私も、当地な俳句を堂々と発表できるのは、お仲間が居るからです

「墓参り」も秋の季語なんですね@@知らなかったです。
墓参りが入った方の句が良いなって思いました。
るりさんへ (アガサ)
2016-10-16 15:20:32
本田忠勝の子孫ではなくて、家来の子孫ということで。
もしかすると、血縁関係が少しくらいはあったかもしれませんね。
大多喜城付近は、いすみ鉄道もあり、一度訪れてもよい所だと思います。
二つで一つにしますか。
まるさんへ (アガサ)
2016-10-16 15:26:40
本を読むと必ず「まず気軽に」と書いてあります。
それを信用してやっています。
それと、お仲間がいるので安心して発表しています。
私は、思いついたフレーズに季語を付けるというやり方です。
まるさんのお部屋にもお邪魔しますね。
keito2さんへ (アガサ)
2016-10-16 15:28:54
そうですよね、墓参りなのですから墓が入ったほうがいいですよね。決定します。
一緒に発表してもらえるので、安心してアップしています。
あまり知識がないレベルでも結構楽しいですよね。
こんばんは(^^) (jun-sweets)
2016-10-16 20:54:49
墓参りは季語になるのですね。
その時々の状況を5・7・5にして読むだけでも、楽しいですね。
jun-sweetsさんへ (アガサ)
2016-10-17 07:42:49
季語が膨大です。
最初は季語を考えないで、とにかく5・7や7・5の
フレーズを作っています。
だいぶ慣れてきました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。