毎日HAPPYDAY

HAPPYにつながる何かを発見したい

書道展

2017-04-20 06:50:37 | 日々の出来事

 

書道の先生が参加されている書道展に行きました。

出品されているかたは、全員名だたる書道の先生です。

 

 

会場は、広い庭に竹林があり暑い日でしたが

ここだけふっと涼しくなるような場所でした。

 

会場の入り口の署名をする場所には 小筆が3本用意してあり

「どれでもお好みの筆をお使い下さい」と言われました。

が・・・・小筆は使ったことがないので

そのように言うと、ペンを出してくれました。 (← ホッ・・・・)

 

そうか、そういう世界なのか・・・・ (← ほぼボーゼン)

 

まあ、いいや。先生の作品を見に来たわけだから目的を果たそう。

 

 

先生の作品は、高村光太郎の詩でした。

横2メートル、縦1メートルくらいの大きさです。

 

雪白く積めり雪林間の路をうづめて

平かなりふめば膝を没してさらにふかく

その雪うすら日をあびて燐光を発す

燐光あおくひかりて不知火に似たり

 

この詩は知りませんでしたが、薄墨と字体が

雰囲気に良く合っていました。

このようなものを書けるようになったらすばらしいだろうな~。

前途多難ではあるけれど、続けてみよう。

うまく行けば、多少の教養も身につくかもしれないし。 (←二兎を追う物一兎をも得ず)

 

 

数か所にお花が活けてあり、これがまた素晴らしかった。

ちょうどお昼頃で、お客さんが少なく書道もお花も

じっくり見られました。

 

私の実際の書道生活では、約6か月で級が3つ上がりました。

新人10級→10級→9級→8級

この辺までは普通に練習して提出すると誰でも上がって行きます。

基礎を固めている段階です。

初段からは昇級試験があります。

楷書、行書、草書、かな、の4種類の試験になります。

今は行書、草書は書いているだけで遊びに近く、かなは未経験。

秋からちゃんと練習する予定。

 

 

 

 

 

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 封筒ー失敗から成功?へ | トップ | 切り過ぎた! »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
趣がある~ (るり)
2017-04-20 08:57:31
竹林が書の世界と一致していて素晴らしい会場ですね。市内ですか?
先生のかな文字は、憧れます~。私は漢字しか練習していません。もちろん、随意でかな文字も練習すればいいのですが、今年は草書にチャレンジしています。すこしづつ、かなにも挑戦したいです。
生け花も書と引き立てあっていますね。
こんにちは(^^) (jun-sweets)
2017-04-20 11:11:30
なんだか見る姿勢もピシッとしそうなほど、繊細で素敵な書ばかりですね。
高校の恩師で書家でもある先生がおり、一度個展を見に行ったことがあります。
高校でも書道を教えていらっしゃいました。
見たいです (keito2)
2017-04-20 12:57:35
竹林を抜けると会場でしょうか?素敵ですね。
その時点から気持ちも引き締まりそうです。
先生の作品、畳一畳より大きいのですね@@
生で見てみたいです。

私は書道を初めて1年半ですが、まだ試験は受けたことがありません。
先生から何か言ってくれるまで待っています
るりさんへ (アガサ)
2017-04-20 13:45:23
さいたま市にある氷川の杜文化館というところです。
古典芸能の保存を主にやっているようでした。
級が上がると提出するものが増えるみたいですね。
jun-sweetsさんへ (アガサ)
2017-04-20 13:47:25
恩師が書家でいらっしゃるのですね。
最近、書家という響きに憧れます。
大作ばかりで、すごいな~と見とれていました。
keito2さんへ (アガサ)
2017-04-20 13:52:49
先生の作品は大きくてびっくりでしたが、隣の作品は縦が3メートル、横70センチくらいで天井に届きそうでした。
試験というのか、毎月課題があるので出しています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。