毎日HAPPYDAY

HAPPYにつながる何かを発見したい

脊柱管狭窄の人の座り方

2017-07-12 15:29:31 | 健康づくり&ちょいトレ

 

私が「腰部脊柱管狭窄」と診断された話を近所の人にしたら

この症状で悩んでいる人がたくさんいるという話になり、

このご近所さんも同じで、これ以上悪くなったら手術しかないと言われているそうです。

絶対に手術はしたくないので、とても気を付けて生活している。

 

いろいろ教えてもらったのですが、その中でひとつ (←ひとつだけ・・・、覚えられないので)

これは実行したいとおもったのが、椅子の座り方です。

脊柱管から伸びている足の神経をつぶさないように座ると足のしびれを防ぐことができる。

 

比較的固い椅子に座り、背骨の両側の太い筋肉に手を当てながらやや前かがみになると

筋肉がつっぱるのがわかるので、そこから今度は手を当てたまま体を起こしていく。

そうすると、90度からほんの少し後ろに行ったくらいの所で、

筋肉のツッパリが フッと消える場所があるので、そこが腰に負担のかからない場所。

座る時はその体制を保つ。

少し腹筋を使う感じです。


なるほど~、椅子にすわるのもだらっと座っては背骨に悪い影響があるのですね。

そういう生活習慣の積み重ねで腰を悪くしてしまうのでしょう。

姿勢を考えずに長時間座っていましたから。

先日も映画館で後半くらいから、右足の膝から下の感覚がなくなってあわてました。

座り方がよくなかったせいでした。

日常はなるべく正座することにしました。正しい姿勢が保ちやすいので。

 

運動も必要なので、毎日自彊術をやっています。(←ホントは朝晩2回ですが1回だけ)

週1回の教室に加えて月1~2回の勉強会にも出ることにしました。

ワンコース終えると、だいぶ楽になるので効果があると実感しています。

しばらくすると元に戻ってしまいますが、半年くらいで痛みが無くなった人がいるし、

正座ができないほどだった人が最近はできているので私もがんばってみよう。

 

 

『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シーツのリメイク | トップ | 深川あさりご飯再現 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは(^^) (jun-sweets)
2017-07-12 19:50:44
私はレースをしている時など大抵正座してます。
実家が正座だったので、平気なんです。
私には正座が一番楽な姿勢ですね。
姿勢 (keito2)
2017-07-12 21:48:34
会社勤めをしていたころ姿勢がいいと褒められたことがあります。
背が低いから出来るだけ背筋を伸ばしていたのかなって思います。
今は、パッチワークをしているときついつい足を組んでいることがあります
あまりよくないようなので、足を組み替えたり、ちゃんと腰かけなおしたりして気を付けるようにしています。
jun-sweetsさんへ (アガサ)
2017-07-12 21:59:00
正座はいいですね。
背骨に負担がかからないので腰を痛めることが少ないです。
前かがみには要注意です。
keito2さんへ (アガサ)
2017-07-12 22:01:27
正しく椅子に座ると足を組むことができないんです。
手芸をされる方は姿勢を保つ方法を工夫していますよね。
腰を立てて、背筋を伸ばすのが基本だったのですね。
ヒザが~ (るり)
2017-07-13 06:41:59
同じ姿勢で何かをしていると腰が痛くなりますが、今の所、腰はなんとか大丈夫そうです。
ヒザが痛くなって何年も経ちました。昨日、「ガッテン」でヒザ痛のことを取り上げていました。録画したので見てみます。
腹筋を意識しながら生活すると腰の負担も軽減されるのでしょうね。
るりさんへ (アガサ)
2017-07-13 09:06:52
膝が痛いのもつらいですね。
腰も、膝もほとんどが手術をしないで、
自力で運動すれば回復するそうですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。