無心

日記

日本橋三越本店

2016-10-01 11:10:46 | 日記
文化庁は5月20日、東京・中央区の三越日本橋本店の建造物を重要文化財に指定した


中央ホールから、吹き抜けの4階に届くようにそびえる壮大な天女の像。この像が完成したのは昭和35年
三越のお客に対する基本理念「まごころ」を表現する像として「まごころ像」店の象徴的存在です
「構想・下絵・原形・試作」という数々の行程を経ながら、完成までには約10年の歳月を要しました



三越が株式会社設立100周年事業の一環として建設。2004年に三越新館が新装オープンした


三越日本橋本店の全館リモデルを発表。第1期の工期は2016年度下期から2018年春まで、120億円を投資した
その後も改装を続け、すべて完了後のグランドオープンは2020年春、トータルでは200億円前後の投資を
予定している。2004年に日本橋店の新館をオープンした際などに本館も一部改装したことはあったが、
全館リモデルとなると.中店長の発言のように久々の大規模改装になる.デパート業界も経営が厳しいので大変・


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 萩のトンネル | トップ | 靖国青空骨董市 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む