無心

日記

首都の顔・美しく

2014-07-19 11:04:18 | 日記
2020年年の東京五輪・パラリンピックを前に「首都の顔」東京駅で駅前広場などの大規模整備が行われる


07年に新丸ビル、昨年3月には旧東京中央郵便局を再開発した「JPタワー」が開業し、にぎわいが増していた


駅舎は.12年10月大正時代の創建時の姿に復元されて開業し.人気スポットとなった.環境とマッチするよう整備される


丸ビルの前からの駅舎広場1万8700平方米の広大な整備が進められる


駅舎前空間は幅80メートルのスペースを挟んで両側にケヤキが植樹される。現在ライトアップ
されている駅舎とのコントラストを意識しケヤキ並木もデザイン性の高い照明で照らされるという


東京都道404号、皇居前の和田倉門交差点から東京駅前の東京駅中央口交差点までを結ぶ特例都道です。
また、天皇が行幸するために利用する道路として、行幸通りとも呼ばれている(車は通れません)

この記事をはてなブックマークに追加