ドライマスター の日記

ドライオーガズムの凄さ 自作アナルグッズ等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

彼女の母親のお◯んこ

2017-05-05 21:56:35 | 日記
若い頃彼女の家に泊まりに行った時 彼女の母親に夜這いをかけた事は以前にも何度か書いた しかしタイプの違う自分の女が同じ屋根の下に二人居るっていう事はある意味男冥利につきる 彼女には若さが 母親には熟れた妖艶さがある 若い私は彼女の姉にしか見えない母親にハマった 彼女も何度でも出来る私の若さと持ち物の大きさにゾッコンだった 一回り近く歳が離れていたが まるで僕のように私を大事にした どんなに夜 腰が抜けるほどヨガリ狂っても朝私にすっぴんを見せることは無かった 泊まりといっても 彼女の部屋に同室するわけではなく 別の部屋に布団が敷いてあったので 母親の部屋に忍びこむのは簡単だった 彼女とはラブホで済ませていたので 私の布団に忍び込んでくることはない だから母親の部屋で寝ることもあった そんな時母親の彼女は朝私を起こす時 熱いコーヒーを持って来て 優しく私のチ◯ポをまさぐりながら起こす 明るい陽の下で見る恥ずかしがる彼女のお◯んこは格別だ 慌ただしく朝マンを終え 3人で朝のテーブルに着いた時 時々娘の彼女に お母さん 後ろ髪乱れてるよ なんて言われてドギマギする様子を歳上ながら可愛いと思った
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛器プロステイト1にキスをした | トップ | 誘う彼女 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。