ドライマスター の日記

ドライオーガズムの凄さ 自作アナルグッズ等

無題

2016-09-18 06:13:05 | 日記
忘れもしない1998年8月12日明日から盆休みと云う日 彼女の主治医から 会社の私に電話が入った 彼は私に言った 残念ですが奥様は癌の全身転移で 余命3ヶ月と思われます と 腰が抜けた 尋ねる言葉を失った しばらくして私は会社を辞めた 彼女との残された時間を大事にしようと思ったからだ 子供達は反対したが 私はその現実を 彼女を抱きしめて告げた 告げるも地獄 隠すも地獄 それまでは毎日のように彼女を抱いていた 彼女は私にとってまだ恋人だった しかしそのことを知ってからは彼女を抱けなくなった でも彼女が天に召される1ヶ月ぐらい前 彼女が言った "あなた してもイイよ"と 涙が止まらなかった 泣きながら彼女を抱いた

置いてゆく辛さを言うな我が妻よ我寂漠の涙止まらず
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドライマスターの独り言 | トップ | 彼女のディルドイキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。