泉大津市会議員  ただち恵子です

私の市政報告、毎日の活動、そのなかで思うこと.




「民間経営が信念」と言った人の「経営改革」とは?

2016-12-13 23:10:38 | つぶやき
以下は2013年6月、第2回定例会(6月28日)の会議録に残っている言葉です。

必要なのは「公立病院」ではなく、必要とする「医療」であり、民間病院の方が効率的に質の高い医療サービスを提供できているのではないでしょうか。

全ての問題が解決するとは思いませんが、民営化に向けて段階的に進めることが、今の状況と将来予測からもよいと考え、この2年間訴え続けてきました。


特にこの平成25年度の前半は政治決断をし、新たな方向に舵をきる「旬」のタイミングだったと考えています。



発言者は、今、市長選挙に立候補している「前市会議員」です。「公営企業法全部適用で公設公営の病院維持」の提案に、ただ一人反対を貫いた堂々たる論陣でした。

議案は「公営企業法の一部適用から全部適用への変更」ですが、「反対」の理由は、「民間経営が信念」というものでした。


その「信念」は、幾度となく議場で語られました。「この2年間訴え続けてきました」と自ら発言しているとおり、「訴え続けてきた」のは、今、選挙戦の中で訴えている「市立病院の存続のための経営改革」ではありませんでした。


人の考えは「変わる」ことがあります。

政治家であっても、「変わる」ことはあり得ます。「信念」と言っていたことが、変わることもあります。

しかし、「変わった」なら、その理由について有権者に語る責任があります。


まして「人を育てる」と言っている人ですから、「自らの言葉に責任を持つ」範を示してて欲しいものです。


「活動通信」を丹念に読んで「言っていることが変わっていることが信頼できない」と言った方がありました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いとう晴彦個人演説会 | トップ | 中学校給食が今すぐには実現... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。