泉大津市会議員  ただち恵子です

私の市政報告、毎日の活動、そのなかで思うこと.




市民の命を守る砦としての市立病院

2016-12-09 21:31:31 | つぶやき
「病院がなくなったら困るけど、別に公立でなくても・・・」と言う声があります。


病院の在り方について、議会でも様々に議論されてきました。


その中で「公立だからこそ、というのは周産期くらい」という意見がありました。


「周産期センタ―」は、たとえば低体重で生まれる赤ちゃんの命をまもる大切なところ。

そして、採算をとるのが難しい。だから国の財政措置も受けならがら、主に自治体病院が担っている役割のひとつです。


けれど、「公立だからこそ」は、それだけではなく、福祉・保健、時には教育など、行政の各部署と緊密に、速やかに連携することができることです。


市立病院も、自治体を構成するひとつの機関であり、子どもから高齢者まで、命と健康を支える医療の専門機関、総合病院を自前で持っていることは、文字通り、市民の財産。

かけがえのない宝です。


市立病院を、公設・公営、市が直接責任を持つ病院として存続させるのかどうか。明後日から始まる市長選挙の争点のひとつです。


伊藤市長は、「病院を単体として考えるのではなく、妊娠・出産・子育てを切れ目なく支えるシームレスケア、発達支援、認知症予防など、行政の施策と深く関わって役割を果たすために、公設公営の運営を貫く」と言い、そのための経営努力を続けることを約束しています。


伊藤市長を応援する会のビラに寄せられたメッセージ、「教育と医療介護行政」は「費用対効果」では判断できない長期的展望に立った大きな投資です」と言う言葉に共感します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊藤市政の継続発展を! 幅... | トップ | 明日、市長選挙告示 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。