泉大津市会議員  ただち恵子です

私の市政報告、毎日の活動、そのなかで思うこと.




「国民健康保険料の賦課限度額引き上げ」に反対しました

2017-02-23 18:51:03 | 市政&議会報告
今日から市議会定例会が始まりました。

新市長の「所信表明」があるためか、傍聴席にもたくさんの市民の方の姿がありました。これからも関心をもって見守って欲しいものです。


議案のひとつに「国民健康保険料の限度額引き上げ」がありました。

国保料は、世帯全員の所得や世帯人数によって決まりますが、決められた計算式によって保険料を算出すると、「とんでもない金額」になる場合があります。

所得が高くて保険料が高くなるならまだしも、家族数が多いことによって保険料が高くなったら大変です。

そのため、保険料の上限、「賦課限度額」を条例で定めます。



基準所得400万以上の世帯で、限度額引き上げの影響があらわれます。収入にすると568万円(給与所得者の場合)

泉大津の国保加入世帯の8割が「基準所得200万円以下」ですから、その中では「所得水準の高い方」です。

けれど、その家計を想像すると・・・。税金と保険料だけで100万円以上(これは確実)。差し引いて450万円程度。家族4人で、一般の賃貸住宅だったり分譲マンションのローンを支払っていたりすれば、住宅費だけで100万(多分それ以上)。さらに高校生や大学生がいれば・・・施設に入所している高齢者がいれば・・・、誰かが入院していれば・・・と考えると、「家族がみんな元気で、なんとかやりくりできる家計」ではないかと思います。

「公平・適正な負担」というなら、「赤ちゃんがひとり生まれたら、その月から4万1450円、均等割りで保険料上乗せ」という、負担の求め方こそ改めるべき。そういう主張をしました。

やや救われる思いがしたのは、「国保制度は、加入者相互の支えあい、相互扶助の制度である」という、過去に何度か繰り返された答弁、その都度「戦前の助け合いの制度に逆戻りですか?」と問わなければならなかったような「国保=相互扶助」説ではなく「必要な医療費を国と加入者の保険料で負担する制度」という表現で答弁されたこと。

「国と加入者」であって、介護保険のように市の法定負担はありません。国の負担がどんどん減らされていることによって、保険料は全体として「とんでもない」ことになっています。本来「国と自治体と加入者で支える」のがあたりまえだと思います。だから実情に応じた市の一般会計からの繰り入れも当然。毎年、国保会計を見てきてそう思います。



「限度額の引き上げ」による増収見込みを質問しました。1292万8千円。約1300万円とのことです。

それによって、所得割率が0.1%程度引き下げ、所得200万の世帯で年間約5千円。月に400円程度の引き下げ。「低所得者、中間所得者の負担緩和」というには、あまりも微々たるものです。


「限度額を上げなければ、低所得者の負担が増える」と言います。

理屈としてはもっともなようですが、「引き上げになった世帯にとって、その負担は妥当か」「本当に低所得者の負担軽減になるのか」は、どちらも「NO!」だと思いました。


3年前の限度額引き上げも、それ以前もほとんど常任委員会に付託しました。今回も「付託して慎重審議」を主張しましたが、結局、本会議で質疑・討論とも私だけでした。採決の結果は、日本共産党の2人の反対だけで賛成多数で可決でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子どもおづみん食堂 | トップ | 現代版「治安維持法」=「共謀... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新市長 (かひみん)
2017-02-23 21:29:43
新市長の所信表明で市民病院の抜本的改革をすると発言されてましたが、民間経営になるのでしょうか?新市長は選挙時は市民病院は泉大津市で守ると言ってましたが。。不安です。
Unknown (ただち恵子)
2017-02-24 07:43:28
かひみんさんへ

選挙の時は「市立病院はなくしません。なくすのは赤字です」おっしゃっていましたね。「病院はなくさない」と言っても、「公設公営の病院として守る」とは言っていません。これまでの議会での主張や、新市長を応援した議員さんたちの主張から「抜本改革」の名で、指定管理へと移行。看板だけ「市立病院」で、民間経営へと移行させるのではないか?と私には思われました。
しかし、今のところ、その動きはありません。

1月末に市立病院が主催した「公開講座」であいさつされた病院管理者は「新市長も、市立病院は公設公営でと、強く言っておられます。」と言っておられました。

病院のスタッフの皆さんも頑張ってくれているのではないでしょうか。

市立病院は市民の財産ですから、市民の皆さんの声を無視して事はすすみません。どうぞ、いろんな場で声をあげてください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。