泉大津市会議員  ただち恵子です

私の市政報告、毎日の活動、そのなかで思うこと.




「市町村国保」がなくなるのではないのだから・・・

2017-05-17 18:12:49 | 憲法・平和
来年度からの「国保都道府県単位化」に向けて、大阪府社会保障推進協議会の自治体キャラバンが始まっている。

今日は、泉大津市の担当課との話し合いに同席した。


「都道府県単位化」で、「保険者が大阪府になる」という人がいるが、それは違う。


国保財政が「都道府県単位」になるので、府の権限が強まるのは確かだが、保険料を最終的に決定するのも、賦課・徴収も今と同じ市が行う。


国の制度よる保険料の「7割・5割・2割」の軽減を補って、市が独自に実施している条例による減免をもし変えるなら、条例を変えなければならない。

保険料の統一化も乱暴な話だが、「減免制度の統一」など、できるはずがない。してはならないと思っている。


今日の懇談でも、当然のことではあるが、そのことを確認させていただいた。

この機会に、市条例の「よいところ」は残し、「実情にあわないところ」は見直しを求めたいと思う。


大阪府の動きが遅く、また情報が少なく、市の実務担当者の苦労が伺われるが、だからといって「様子見」ではなく市民と加入者に、今こそ寄り添ってほしいと思った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民は「改憲」など望んでは... | トップ | 泉大津母親大会のご案内 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。