泉大津市会議員  ただち恵子です

私の市政報告、毎日の活動、そのなかで思うこと.




「シングルマザーをひとりぼっちにしないために」

2017-07-07 19:15:12 | 読書
サブタイトル  ~ママたちが本当にやってほしいこと~



私が出会ったたくさんのシングルマザー、シンママさんたちを思いながら、読みました。

「あのお母さんは、あの子たちは元気にしているだろうか?」・・・「便りがないのは無事の知らせ」だといいのですが・・・。


あるシンママさん、Yさんから久しぶりにメールがありました。

「お話したいです。都合のいい時に連絡ください。」と。

2年前ほど前のことです。


お訪ねすると、いろいろ・・・辛かったこと。生きていく気力をなくしたこと。「子どもを残して死んだらアカン」と思って踏みとどまったこと。

・・話してくれました。「やっと話せるようになって、メールしました。」と。


「便りがないのは無事の知らせ」ではなかったのでした。


生活保護を活用して、経済的には生活の基盤が整っても、それで毎日の暮らしがうまく回るとは限らない。

次々といろんなことが起こり、問題はほとんどの場合複合的です。


メールの彼女、Yさんは、自力で乗り越えてくれました。でも、そうではない場合、「助けて!」と言えない人もいる。

Yさんも泥沼の中にいる時は、声をあげることもできず、抜け出してやっと「聞いてほしい」と思ったと言います。本当は継続的にかかわり続けることが必要だったのだと思います。

この本に紹介されている月末近く、切り詰めても尚、食糧も尽きる時に届く野菜やお米、図書カードや入浴剤などささやかなお楽しみも添えた「スペシャルボックス」の活動のように。




最近は、出会ったシンママさんに、この本の誕生のもととなった「シンママ大阪応援団」のサイトを紹介します。


本当にどん底で困窮していても、彼女たちはほぼ100%(100%ではありませんが)スマホを持ち、ネットでつながる世界をもっていますから。



お金がなくて、情報がなくて、人とのつながりがなくて、そして「生きる気力」をなくしてしまった人たちに、もう一度「幸せになろう」と思ってほしい。


そのために、私もここで小さな灯をかかげていたいと思います。




シンママ大阪応援団/編

芦田麗子/監修

発行所;日本機関紙出版センター
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「公共の役割」とは・・・ | トップ | 市政報告懇談会 ご案内 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。