泉大津市会議員  ただち恵子です

私の市政報告、毎日の活動、そのなかで思うこと.




「清冽」

2017-01-03 21:52:26 | 読書
本書の中で引用されているエッセイの中の一節。「あたうかぎり、自分の生きる時代と深くかかわってゆきたい。それは言葉で言うほど簡単ではないに違いない。時代の心臓は深くかくされている。」


「自分の生きる時代と深くかかわる」とは、自分と社会をみつめ、思考すること。それを言葉にして発信すること。


そのようにして生きた一人の詩人の遺してくれた言葉を、今、この時代を生きる自分自身の糧として、もう一度たどってみたいと思う。


著者:後藤政治

発行所:中央公論新社
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 就学援助・入学準備金の支給... | トップ | 宣伝カー初出動 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。