泉大津市会議員  ただち恵子です

私の市政報告、毎日の活動、そのなかで思うこと.




この党と生きてきました

2017-07-15 22:55:18 | 日本共産党
今日は日本共産党の95周年の誕生日。

この党と出会えたことを幸せだと思います。

20歳の春でした。


母が私という命をこの世に送り出してくれた日から20年と10ヶ月余、1973年5月31日、私は自分で選んだ道を歩き始めました。

それは私にとって、「第2の誕生日」だったという気がします。


日本共産党はあと5年で100歳。その時、私は「第2の誕生日」から50年。その日を誇りと喜びをもって迎えることができるよう、しっかりと歩いて行きたい。

そんな想いで、今日という一日を過ごしました。


そして一日の終わりに、美空ひばりが広島の平和音楽祭で歌った「一本の鉛筆」を聴いています。

ひばりさんは、1974年の第1回平和音楽祭でこの歌を歌い、そして14年後の1888年、病をおして舞台にたち、もう一度、歌いました。

深く深く、心に響く、平和と、そして命の歌です。


一本の鉛筆

【作詞】松山善三
【作曲】佐藤 勝


1.あなたに 聞いてもらいたい
  あなたに 読んでもらいたい
  あなたに 歌ってもらいたい
  あなたに 信じてもらいたい
  一本の鉛筆があれば
  私は あなたへの愛を書く
  一本の鉛筆があれば
  戦争はいやだと 私は書く

2.あなたに 愛をおくりたい
  あなたに 夢をおくりたい
  あなたに 春をおくりたい
  あなたに 世界をおくりたい
  一枚のザラ紙があれば
  私は子どもが欲しいと書く
  一枚のザラ紙があれば
  あなたを返してと 私は書く

  一本の鉛筆があれば
  八月六日の朝と書く
  一本の鉛筆があれば
  人間のいのちと 私は書く
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公共施設は市民の財産 | トップ | 国会議員になんでも聞いてみよう »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
好きです (tweety)
2017-07-16 23:46:33
一本の鉛筆の歌、私も4年ほど前に取り上げました。平和を考える上でいろんな歌を知ってますが、印象的な歌の一つです。ひばりさんの歌を知る上で、知った歌ではありましたが。

私の小学校時代といえば、平和登校日がありました。「青い空は」を毎年歌ってました。
Unknown (ただち恵子)
2017-07-17 13:39:15
tweetyさんへ

ブログの「平和週間」で、平和にちなんだ歌、アップしてくれていましたね。

ひばりさんが広島の第1回平和音楽祭でこの歌を歌ったのは有名な話ですが、15年後にもう一度、広島の音楽祭で歌ったときには、舞台裏で点滴しながら・・・というくらい健康を害していたこと、そして翌年亡くなったということは私は初めて知りました。

検索したら第1回の時の歌、15年目の歌、両方聞けますね。病魔に侵されているとは思えない力強い歌でした。そして美しい笑顔でした。

今、お母さんになったあなたはきっと、4年前とは違う想いをもってひばりさんの歌を聞かれるのではないでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。