泉大津市会議員  ただち恵子です

私の市政報告、毎日の活動、そのなかで思うこと.




「政治を変えるのは市民の力」・・・池内さおり議員、熱く語る

2017-07-23 22:33:53 | 日本共産党
34歳の衆議院議員、池内さおりさんを迎えて、「国会議員に何でも聞いてみよう」と銘打った集い。

司会も、開会あいさつも、そしてメイン・スピーチの池内さおりさんも、若さがあふれる集会でした。




一般質問で性的マイノリティの問題を初めて取り上げたときに、池内議員の国会での初質問をネットで視聴しました。

本や新聞などの報道、当事者の著作なども読みましたが、問題を考える視点については、池内質問が一番、勉強になりました。


スピーチの中に「『弱者』という言葉は嫌い、『弱い』人なんていない。制度や法律の不備のために、『困難を強いられている人たち』がいることが問題。」という言葉もありました。

「一人一人、みんな大切な命、それぞれの大切な人生を生きている」と言う思いが、根底にしっかりとあるのだろうと思います。


「党歴10年、34歳」と言っても、25歳で初めて国政選挙に挑戦し、9年目で当選したというだけあって、語る言葉には揺るがぬ力があります。


学生の時に、小林多喜二の生き様に触れたことが、「自分と政治について考えたきかっけ」だったと話してくれました。

文字どおり命をかけて「反戦平和」を貫いた先人たちの遺したメッセージを、しっかり受け継ぐ若い国会議員の語る未来に希望が見えます。


草の根で支える力も大きくしていかないと・・・。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「楽しみ7分、活動3分」 | トップ | 夏はゴーヤ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本共産党」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。