泉大津市会議員  ただち恵子です

私の市政報告、毎日の活動、そのなかで思うこと.




第4回定例会最終日

2016-12-07 21:54:16 | 市政&議会報告
11月29日から始まった市議会定例会が、本日閉会となりました。


補正予算、人事案件、意見書採択など、全て全会一致。


通常は、ほとんどの議員が一般質問をしますが、今回は半数の8人が発言通告提出。当日、一人欠席で7人。

かつて、議会だよりに「氏名掲載」がなかった(誰が質問したのかわからない。)頃にもどったようでした。



次の日曜日は、市長選挙告示。そしてその次の日曜日は投票日。


ひとりでも多くの市民の皆さんが泉大津の今と将来について考え、そして投票という大切な権利を行使して欲しいものです。


私も、自分の思いを、自分なりの形で伝えていきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市議会は明日閉会

2016-12-06 23:56:08 | 市政&議会報告
市長選挙の日程の関係で、例年より早い第4回定例会が明日、閉会となります。


明日の会議日程の確認などのために議会運営委員会を開催しました。


その中で、議論になったことのひとつに今、市が策定中の「公共施設等適正配置基本計画」を議会の議決案件にするかどうかという問題がありました。

「議決すべき」という意見と、それに否定的な意見があり、私は後者の方でした。



難しい問題です。


「議決」するには、それに至るまでに充分、検討、審議することが必要だと思っています。


そのプロセス抜きに、賛否が問われ、議決することによって将来の予算審議にまで制約がかかるのはどうか?と思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末恒例 バザーが終わって一息

2016-12-04 22:45:41 | つぶやき
出品のご協力いただいた、たくさんの品々を、来場くださった皆さんに、ゆっくり見ていただきたいと思って、展示の仕方も工夫しました。

と言っても、私はほとんど何もせず。ボランティアスタッフの皆さんの知恵と工夫です。


午前中の2時間、特に最初の1時間は、かなり混雑します。


お手伝いくださった皆さんに感謝をこめて、今年も昼の賄いは私が担当しました。


地域のみなさんとの暖かいふれあいを実感したバザーの一日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市立病院は公設公営であってこそ!

2016-12-03 22:55:45 | 市政&議会報告
市議会ののHPで一般質問の様子が、動画でアップされています。

コチラから。


「市民とともに活気ある泉大津市政をつくる会」のつどいが終わって帰宅。明日のバザーの準備も残っていますが、質問の動画を見て「ひとり反省会」です。




市長選挙に出馬表明された議員の「活動通信」がポストにありました。

「Q&A」で「病院は無くなりません」と書かれています。



病院は「建物」としてあればいいということではない。


保健・福祉の行政と深く緊密に連携して、「市民が健康に生きる」ことを支える自治体病院の役割について、質問を通じて感じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末恒例バザー 今年もやります!

2016-12-02 22:43:27 | 活動報告
毎年恒例、12月の最初の日曜日に事務所でバザーを開催しています。


「今年はいつですか?」とお問い合わせもいただきました。


今年も明後日、日曜の午前中。この機会にぜひ、お立ち寄りください。

お待ちしています。


日本共産党上条条東後援会主催

ふれあいとリサイクル バザー

12月4日(日)午前10時~12時

ただち恵子事務所(北助松南一番踏切 南へすぐ・東助松町4-1-5)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カブの葉

2016-12-01 23:42:32 | 私の食卓
大根の葉もおいしいけど、カブの葉の方がもっと好き」と、娘が言ったことがありました。中学生の時だったか。

大根とカブ、甲乙つけがたいけれど、味わいは確かに違います。



ちりめんじゃこと、揚げ、そして人参も少し入れて。ゴマ油で風味付け。ごはんが美味しい。



今日も何かと慌ただしい一日でした。たくさんの方に助けられながら。



電話しなければいけなかった用事、うっかりしてしてまったこと、思い出しました。明日こそ必ず。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

泉大津の玄関口に「健康福祉プラザ」

2016-11-30 23:18:34 | 市政&議会報告
一般質問は昨日で全て終わり、今日は一般議案の審議。


駅高架下の利用で、来年4月に開設する「健康福祉プラザ」の指定管理についての議案もありました。

森下議員が質問。「民間事業者に管理運営を任せるからといっても、丸投げではなく市としても責任を持った対応を」と、特に「子育て相談に、対応できる人材の配置」などを求めました。


本会議後、最終日の7日に採択する「意見書」について、議会運営委員会のメンバーで意見交換。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保健・福祉行政と市立病院の連携

2016-11-29 22:41:57 | 市政&議会報告
「市立病院 新改革プラン」について、特に「保健・福祉行政との連携」について聞きました。


市民の健康を守るための予防・健診。


在宅高齢者への支援、認知症対策。


発達支援や虐待を未然に防ぐ子どもと子育てへの支援


障害者・障害児への支援。


どの問題でも市立病院との連携で取り組まれている事業が数多くあります。


「市立病院を守る」ことは、「市民が健康に生きること」を支えること。


質問しながら、「市立病院は市民の財産」だということを改めて感じました。


8人の発言通告で、ひとり欠席。7人の質問が全て終わり、明日は一般議案の審議です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日10時、市議会本会議開会です

2016-11-28 21:41:43 | 市政&議会報告
第4回定例会、今年最後、そして市長の任期4年の最後の議会が明日から始まります。


今日、市役所へ行って、明日の本会議について2件の連絡がありました。

ひとつは、8人の発言通告提出の議員のうち、おひとりが体調の関係で欠席されること。

元々、近年にない少ない質問者(以前は、「質問する議員」が少数派でした。はるか昔のことです。)が、またひとり減って残念です。

皆さんも、健康管理にご注意を!・・・と、我が身にも言い聞かせます。



もうひとつは、午前中の質問に、手話通訳が入るということ。

私の経験では初めてのこと。嬉しいことです。


明日の質問に向けて、組み立て、整理、最後の要望・意見の表明等・・・まだまだ「道半ば」です。


質問は4番目で、午前中の最後になるか、午後1番になるか?


ご都合のつく方は、傍聴にお越しください。

インターネットのライブ中継もあります。市議会のHPより。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「暮らし第一」の市政 さらに前へ!

2016-11-27 21:42:13 | つぶやき
雨の中、12月の市長選挙で2期目の再選をめざす伊藤市長の事務所開きに、たくさんの市民の皆さんが参加されました。


案内をいただいて、私も出席させていただきました。


市民とともに市の将来ビジョンである「総合計画」を作り、その計画に基づく施策をひとつひとつ進めてきたこと。

限られた財源を、「市民の暮らし第一」で。市長のあいさつは、熱く思いのこもったものでした。


この市政を前へ進めたいと思います。




自主的判断で支援を決めた「市民とともに活気ある泉大津市政をつくる会」のニュース配布も始まりました。


お手元に届いたら、ぜひお読みください。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

市長選挙について私たちの立場

2016-11-26 22:51:42 | 日本共産党
12月18日、泉大津市長選挙の投票日。

23日には青年会議所の主催で、ふたりの予定候補の公開討論会が行われた。

限られた時間の中でも、それぞれの立ち位置、考え方、人となりが感じ取れる討論会だったと思う。

主催者のHPで後日、動画がアップされるということ。当日は、満席で後ろに立っておられる方もたくさんおられた。貴重な機会を作ってくださった主催者に感謝したいと思う。


前回の市長選挙は、前任者が9月の通常選挙で当選して2か月後に、国政選挙に立候補するために辞職という状況で、急遽行われた選挙で、投票率も40%を割った。


市長選挙という機会に、多くの市民の皆さんが「我が街の今と将来」について、考えたり、語り合ったりする輪が広がって欲しいと思う。

単にイメージや、抽象的なスローガンではなく、事実に基づく冷静な議論をしたいと思う。




日本共産党も参加する「市民とともに活気ある泉大津市政をつくる会」は、今回の市長選挙にあたって伊藤市政の4年間の評価の上にたって、その継続・発展を求めることで一致した。


日本共産党泉大津市委員会と、私たち市会議員団の考え方について後援会ニュースを、読んでいただいている方々にはお知らせしています。

その文書を以下に掲載します。

泉大津市長選挙について
12月11日告示、18日投票で行なわれる泉大津市長選挙は、国の社会保障切り捨て、憲法と平和を壊す攻撃が強まるなかで、住民にとって最も身近な基礎自治体である市が市民の暮らしを守る役割を果たすのかどうかが問われる選挙です。
かつての泉大津市政は、大型開発優先で財政破綻、あるいは財政再建を口実に市民サービス切り捨て・負担増の市民に冷たい市政が続けられてきました。伊藤市政の4年間は、特に以下の諸点で従来の市政とは異なる一歩を踏み出したものと考えます。
第1に、泉大津市立病院を公設・公営の病院として守りぬいたことです。市民アンケートに現れた市民の願いに基づき、保健・福祉行政との連携による市民のための病院としての役割を明らかにし、経営改革に取り組み収支改善させました。
第2に、すべての子どもを視野に入れた子育て支援策が大きく前進したことです。子ども医療費助成、妊婦健診公費負担の拡充、公立認定子ども園の開設による保育所待機児童の解消、発達に心配のある子どもへの切れ目のない支援体制の構築、行政主導でのこども食堂の開設などは、その一例です。
第3に、前市政のもとで総合計画の策定が見送られていた中で、市の将来ビジョンである総合計画を市民参加で策定し、安心安全のまちづくりを目指して市民、各種団体も参加しての取り組みが進みました。
第4に、市民の声に耳を傾け、市民と共に創る市政を目指してきたことです。
就学援助制度の改善、教室にエアコンの設置など教育環境の改善、特定検診の無料化、高齢者への訪問・見守り活動や認知症サポーターの養成、通学路のカラー舗装や自転車道整備、道路バリアフリー整備計画を前倒しての推進、公園整備計画を初めて定め、トイレや遊具の改修なども順次進められています。私たちが長年にわたり提案してきた住宅リフォーム助成制度の創設や、市民活動支援センターの開設もされました。
高齢者・障害者の医療と介護の負担軽減など、いまだ残された課題はあるものの、限られた財源を「子どもから高齢者、障がい者まですべての市民にやさしいまちづくり」に優先して活用し、財政健全化と市民要求実現を両立させてきた現市政を継続発展させることが、市民の命と暮らしを守る確かな道であることを確信し、2期目の当選を目指す伊藤晴彦氏を自主的に支援することを表明します。

2016年11月15日               日本共産党泉大津市委員会
市議会議員 田立 恵子
森下 巖
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政務活動費の公開 さらに前向きに

2016-11-25 13:02:21 | 市政&議会報告
29日開会の議事日程の確認などを案件に議会運営委員会を開催。

予定の案件以外に、委員から議会運営や議員の活動についての提言、意見も出されます。



今日も「政務活動費はホームページ上で、領収書まで公開しているが、インターネットを使わない人が、同じ情報を見たいと思えば、市役所に来て情報公開請求の手続きをとらなければならない。なんとか改善できないか」という問題提起がありました。

「情報は誰にとっても平等でなければならない」ということから、「今後、ネット上で公開されているものを紙媒体でもすぐに見られるように、議会事務局、情報公開コーナーに置く」ということで、どの委員も異存なく、確認しました。




ITが普及しているとはいえ、誰もが使うわけではありません。見落としていた点、気付かせていただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市議会定例会は29日(火)から始まります

2016-11-24 20:48:25 | 市政&議会報告
来週の火曜日、今年最後、そして市長選挙前の市議会定例会開会です。


いつになく質問者が少なく、一般質問は一日で終わるかもしれません。


私は4番目で、午前中になるか、午後1番になるか・・・。


8人の質問のテーマは市議会HP、コチラから。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日本共産党第27回党大会

2016-11-23 22:16:08 | 日本共産党
来年1月の15日~18日に開催される日本共産党第27回党大会の「大会決議」は16日の中央委員会総会で採択されました。


これから2か月、全党のそれぞれの組織で議論され、いっそう豊かなものに練り上げられていきます。


一番小さな基礎組織、支部から代議員を選んで、地区の大会へ。そこで、さらに選挙で代議員を選んで府の大会へ。そして全国大会の代議員を選出して党大会へ。


そうした階段を昇るようなプロセスの中で、「決議案」についての議論が重ねられます。


「決議案」の全文は、日本共産党中央委員会のHPから見ていただくことができます。


党外の方からの、率直なご意見をお寄せいただくこともあります。


「決議案」は、私たちがこの2年余りの間に経験してきたこと、そして今、日々経験していることの集大成です。


日ごろの活動を振り返りながら、「決議案」を読みます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落ち葉

2016-11-22 23:49:17 | 季節・花
紅葉の季節。


半日、時間があいたら牛滝や和泉葛城山に・・・と思うのですが、なかなかそうはいかず晩秋と呼ばれる季節となりました。



歩いていて、ふと赤や黄色のきれいな葉に目がとまり、手にしたくなるのは、4歳の〇ちゃんも私も、同じみたいです。



朝は、東日本の津波の報道にくぎ付け、そして泉大津ではノロウィルスによる食中毒発症のニュース。


何かと心さわぐ一日でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加