狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

構えるということは敵の先手を待つ心にほかならない。

2016年10月01日 11時10分44秒 | サッカーに関する日記



 明日は明治安田生命J2は第34節の日。
 我らがファジアーノ岡山はアウェの岐阜メモリアルセンター長良川競技場でFC岐阜様と対戦いたします。
 キックオフは18時です。

 踊り場に壁があってすぐに乗り越えられそうなのだけれども意外と高く殴っても弾き返すので壊して通ることも難しい。
 でもこの壁を超えるとファジアーノは一ランク上のチームになれそう。
 チームの大きさも視点もガラッと変わりそう。今まで見ていたものが違って見えるそんな状態に入りそう。
 私は違う風景が見たいです。ファジアーノで見たいです。

 岐阜様はホームの試合でなりふり構わずに挑んで来るはずです。
 守備でも攻撃でも先手を取りましょう。
 私達は挑戦者です。
 挑戦者らしく勇気を持って大胆に慎重にチャレンジを続けましょう。

 やれることはもうはっきりとしているはずです。
 やれることをやればよいのです。

 明日は楽しい試合が観たいです。
 期待していますよ!

ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はらはらとおつる木の葉にま... | トップ | 全ての人に敬意を払うこと。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL