狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

『(500)日のサマー』

2017年07月14日 19時59分56秒 | 映画・ドラマに関する日記




 昨日の夜は、映画『(500)日のサマー』のDVDを観ていました。

 トムは、ロサンゼルスで暮らしている。
 グリーティングカード会社で働いていて地味で冴えない毎日を送っている。
 ロマンティストでロマンティックな出会いを期待しているが、そんな出会いが巡ってこない。

 ある日、トムは社長のアシスタントとして職場にやって来たサマーに一目惚れする。
 でもトムはこの出会いにしり込みしてしまう。
 しかし偶然にサマーと同じエレベーターに乗り合わせた時に……。

 監督は、マーク・ウェブ。
 出演者は、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネル、クラーク・グレッグ、ミンカ・ケリー、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ギュブラー、クロエ・グレース・モレッツ、レイチェル・ボストン、パトリシア・ベルチャー、イアン・リード・ケスラー、オリヴィア・ハワード・バッグ、イヴェット・ニコール・ブラウン、リチャード・マクゴナガル、など。

 トムは運命の出合いを信じていて、サマーは真実の愛を信じていない。
 運命の出会いをしたと思っている男性の500日を描いた映画であります。



 冒頭で、この映画はボーイ・ミーツ・ガールのお話であるけれどもラブストーリーではないという趣旨のナレーションがあります。
 現実と理想についてのお話ですね。
 ほろ苦いお話ですがでも清々しいお話でもあります。
 時系列をバラバラにして見せて同じ事柄に違う意味を持たせている構成が上手いです。

 面白かったですよ。
 楽しめました。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一つの嘘を本当らしくする為... | トップ | 赤いお陽様が ジリリ焦げてる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画・ドラマに関する日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL