狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

Paint It, Black

2017年07月11日 13時54分03秒 | 漫画・ゲームに関する日記



 先日、ゲーム『信長の野望・創造 戦国立志伝』を買ってしまい、その日以来、暇さえあればこつこつとゲーム『信長の野望・創造 戦国立志伝』で遊んでいるのです。
 パターンを知る為のテストプレイのつもりだったのに延々と続けてしまっているのです。
 テストプレイのつもりで、宇喜多直家の娘を作成して宇喜多直家の娘でプレイしていたのです。
 姉達を引き取ってパパ上・宇喜多直家の酷い仕打ちから姉達をお助けしてパパ上を配下に引き取ってパパ上の悪逆を阻止し、浦上家の家臣として着々と地位を固めながら独立を虎視眈々と狙っていたのです。
 裏切りと謀略と反逆と下剋上と悪逆の限りを尽くし腹黒い武将を配下に従えて闇よりもなお暗い暗黒帝国を作るつもりでいたのです。
 でもテストプレイのつもりだったのでチート気味にパラメーターをいじっていたので途中でやめて、新規にプレイするつもりでいたのです。
 なのにずるずるとそのまま遊び続けているのです。


 名前は、宇喜多於葉。
 名前は、木下昌輝の小説『宇喜多の捨て嫁』からいただきました。

 ふふふふふ。
 於葉は遂に暗黒面に堕ちました。
 浦上家を裏切り独立して大名になりました。
 浦上家は速攻で制圧しました。
 西には巨大勢力の毛利家。東は織田家が近畿全域にまで勢力を伸ばしています。
 於葉の勢力は山陰地方の東半分と山陽地方の東半分と播磨全域です。
 西と東を巨大勢力に押さえられているので、於葉は四国全域に手を伸ばしました。

 松永久秀おぢさんと黒田官兵衛兄さんとパパ上である宇喜多直家の腹黒三人衆で調略を駆使して寝返りを続出させて内部崩壊を狙う手もあったのですが、今回はそれはパス。
 複数の部隊を駆使する大規模軍事行動で四国全域を制圧することにしました。
 段取りが楽しいです。作戦を考えるのが楽しいです。
 相手を引き付ける部隊。迂回して側面を付く部隊。相手部隊の背後にある手薄になった城を落していくいく部隊。
 補給を考えながらタイミングを計りながらの大規模作戦です。


 浅井家が何故か四国の諸勢力と九州の全勢力と手を組んで反宇喜多連合を結成しました。
 しかし大勢力である毛利家と織田家は連合に加わっていないので心配無し。
 東の守りは完璧だし織田家と同盟を結んでいるし西は毛利と手を結んでいるし南の四国の勢力は大兵力で圧倒できる。そして内政面は今のところ完璧。
 ふふふふふ。
 戦いは数だよ。烏合の連合など蹴散らしてやる。



 何故か安国寺恵瓊殿が浪人としてふらふらしていたので雇い入れました。
 内政面と外交面と調略面で活躍してくれることでしょう。
 叔父上の宇喜多忠家殿は後方支援の柱となってもらっています。叔父上は宇喜多一族であるにもかかわらず生真面目なお方で頼りになります。
 3人の姉上達は前線で暴れまわってもらいました。パパ上からの酷い仕打ちに鬱憤が溜まっていたのか大活躍でありましたよ。怖い怖い。

 四国全域を制圧したので長曾我部元親殿が配下に加わりました。
 長曾我部元親殿は特性で姫武者を持ってます。姫若子と呼ばれたことからくる特性なのでしょう。麗しい御尊顔なのであろうとグラフィックをわくわく気分で見てみるとおっさんぢゃん。orz。
 おっさんなのに姫武者の特性持ち。もしや変態さん?
 たとえ変態さんであっても有能なので長曾我部元親殿にはしっかりと内政・外交・調略・軍事で働いてもらって於葉の覇業に貢献してもらいます。

 「信長の野望」の中でおそらく最弱の能力値である一条兼定も配下に加わりました。
 此奴はどうしよう? 前線には出せない。
 内政でこつこつと働いてもらいましょうか。
 内政でこつこつと働いてもらって能力値を伸ばしてあげなくてはなりません。でも伸びるのかなぁ。伸びても元が低いからなぁ。使えるかなぁ。
 でも配下にしたからには成長させて使いこなさなければなりません。主君の義務であります。




 於葉の下に徐々に濃いキャラクターが揃い始めました。
 四国全域を手に入れたので次はいよいよ謀略大好き爺さんの毛利元就殿に山陰地方と山陽地方の覇者を賭けた決戦を挑もうと思っております。



 宇喜多の名にかけて悪逆の限りを尽くして必ずどす黒い射干玉の暗黒帝国を作ってやる。と思っているところなのでございます。


ジャンル:
シミュレーション
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真実は光と同様に目を眩ます... | トップ | 『メルニボネの皇子』/マイ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジレンマですね(笑) (じおこんふり〜く)
2017-07-11 14:31:31
 せっかく入った奴が弱くて使えないけど……
 他に人材いないからなぁ……
 と、言ってよく使ってるのが「劉度」さん……
 思い入れは欠片もないけど、劉姓だから、相性は良かろうと「劉備」への使者として送り込んでいます(笑)

 はい、僕は三国志組ですが……
 もっと細かいマップで遊びたいので、ノッブの野望をプレイしようか考えています……

 その昔「秋葉原信長の野望」という小説を読んで、遊んでみたい!
 と、思って遊んだのが初代(PC88?)
 5インチディスクはでかい(笑)
 遊んでみて、難しかったです。

 今は、グラフィックとか凄いんだろうなぁ……

 もしプレイするなら、今川の名君義元公を天下人にするか……
 ガチで先祖が世話になった臭い尼子氏で遊んでみたいなぁ……
Unknown (狐)
2017-07-11 17:05:46
 コメントありがとうございます。じおこんふり~くさん。

 いっそのこと、今川氏真で天下を目指すとか……。
 山中鹿之介で尼子家の再興を目指してみるとか……。
 すみません。戯言です。


コメントを投稿

漫画・ゲームに関する日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL