狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

『火の山のマリア』

2016年09月18日 15時03分00秒 | 映画・ドラマに関する日記




 昨日の夜は、映画『火の山のマリア』のDVDを観ていました。

 舞台は中央アメリカのグアテマラ。
 火山の麓で暮らすカクチケル語を話すマヤ人の少女・マリアが主人公。
 マリアは両親と暮らしている。
 農業をしていて、作物が収穫できないと土地と家を手放さなければならない状態にある。

 両親は珈琲農園の主任のイグナシオとマリアの婚約を勝手に決める。
 一家はイグナシオの支援で何とか一息つける状態になった。
 しかし、マリアはアメリカに行く計画を語るぺぺという青年に心惹かれていて……。

 監督は、ハイロ・ブスタマンテ。
 出演者は、マリーア・メルセデス・コロイ、マリーア・テロン、マヌエル・マヌエル・アントゥン、フスト・ロレンソ、マルビン・コロイ、など。

 グアテマラとフランスの合作映画です。



 貧しい少女の一家の姿が淡々と描かれています。
 ラストに入ってからの展開に驚きました。

 面白かったですよ。
 引き込まれました。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乳が無くても恋せよ乙女 その... | トップ | くろがねの秋の風鈴 鳴りにけり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL