狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

『マックス&エリー 15歳、ニューヨークへ行く!』

2016年12月24日 14時26分36秒 | 映画・ドラマに関する日記





 昨日の夜は、映画『マックス&エリー 15歳、ニューヨークへ行く!』のDVDを観ていました。

 1962年。
 アメリカのカリフォルニア州の田舎町で暮らすエリーは、交通事故で母親を亡くしてしまう。
 父親はショックで仕事に身が入らない。
 幼い兄弟の世話をしながらエリーは落ち込んでいた。

 ある日、エリーは親友のマックスから母親の憧れの人・ルーズベルト元大統領の夫人エレノアからの手紙を受け取る。
 2人はエレノアに会いにニューヨークへ行くことにした。
 カリフォルニアからニューヨークへは3000マイルあるのだが……。

 監督は、ケビン・コノリー。
 出演者は、イザベル・ファーマン、リアナ・リベラト、ジョエル・コートニー、ジョシュ・ルーカス、ルーク・ウィルソン、ジェシカ・アルバ、パトリック・シュワルツェネッガー、など。



 少女2人のニューヨークまでの珍道中を描いたコメディです。
 レトロでお洒落なコメディでありました。
 面白かったですよ。
 楽しめました。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 凡人には月並みが素晴らしい... | トップ | Livin' on a prayer.Take my ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画・ドラマに関する日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL