狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

『009 RE:CYBORG』

2017年05月19日 15時56分13秒 | 映画・ドラマに関する日記





 昨日の夜は、アニメーション映画『009 RE:CYBORG』のDVDを観ていました。

 2013年。
 かつて世界の危機を救ってきたゼロゼロナンバーのサイボーグ達は故郷でそれぞれの人生を送っていた。
 しかし各国で超高層ビルへの爆破テロ事件が頻繁に発生したことで、アイザック・ギルモア博士から招集がかかる。

 各テロ事件の実行犯達には接点が存在していない。
 ただ、幾人かの実行犯から「『彼の声』を聞いた」という証言が出てきた。

 ギルモア財団は、サムエル・キャピタル社を頂点とする巨大軍需複合体が死体を使ったサイボーグ兵士の開発など様々な非合法活動を行っているという情報を掴んでいた……。

 監督は、神山健治。
 原作は、石ノ森章太郎の漫画『サイボーグ009』です。



 バベルの塔がモチーフなのかな?
 相互不信とその結果が繰り返し描かれて、それでもその中に存在する信頼を描いています。
 ストーリーの根幹となる部分にあやふやなふわふわしたところがありましたが面白かったですよ。
 楽しめました。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好機は自らの中にある。境遇... | トップ | 紫蘭(シラン)その9。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わーい!パッケージを持ってる映画だ(笑) (じおこんふり〜く)
2017-05-20 10:06:04
 劇場公開を楽しみにしていたけど……
 見に行けず……
 パッケージを買おうと思って、発売日を楽しみにしていたけど……
 買いに行けず(笑)
 散々、運命に笑われた作品です。

 ジェット(002)が主人公(メイン)な009。
 見どころは空中戦でしたよね?
 (002メインでそれ以外に見どころがあると?)

 あ、サブ音声で神山監督が制作秘話を語っているところで、3D作品の難しさを語っていましたっけ……
 最近の映画パッケージの「おまけ」はファン心を実に良くついているなぁ……と、思います。
Unknown (狐)
2017-05-20 11:22:24
 コメントありがとうございます。じおこんふり~くさん。

 ジェットは大活躍でありましたね。
 ジェットが飛行する姿は「おぉ!」と驚きましたよ。
 面白かったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
009 RE:CYBORG  監督/神山健治 (西京極 紫の館)
【声の出演】  宮野 真守(009/島村ジョー)  斎藤 千和(003/フランソワーズ・アルヌール)  小野 大輔(002/ジェット・リンク) 【ストーリー】 2013年、現代。世界中の大都市にあ......