狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

外道にしか絶てぬ外道というものもある。

2017年06月15日 17時39分29秒 | 漫画・ゲームに関する日記






 昨日は私はお仕事がお休みの日であったのですが、お昼頃に超重要案件らしきことが起こりお店に出ていました。
 超重要案件らしきことは超重要案件ではなかったのですが、しかし、対処せねばなりません。対処した後はお役御免で放免となりました。
 折角、お外に出たのだからと昨日はお外をふらふらふらふらと延々と漂っていたのです。

 で、その途中で、ゲーム『信長の野望・創造 戦国立志伝』を買ってしまったのです。
 『第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇』で遊んでいる途中なのに。
 他にも幾つかまだ手をつけていないゲームがあるのに。


 お部屋に戻ったのが遅い時刻だったので昨日はそのゲームで遊ぶつもりはなかったのです。
 お外をふらふらふらふらと漂い過ぎたので朦朧としていて早く寝ようと思っていたのです。

 しか~し。
 朦朧としながら昨日の夜遅くにゲーム『信長の野望・創造 戦国立志伝』で遊んでおりました。
 ちょっとだけちょっとだけと思いながら延々と遊んでいました。
 気が付くとお外は薄っすらと明るくなっていて雀達がちゅんちゅんと鳴きはじめていました……。

 面白すぎる……。
 領地内政が楽し過ぎる……。
 城主になってからは道の整備やら町造りやお城の改修・拡張やら陣所の設置とかお城を新たに建てることが出来たりとか楽しい……。

 どんなゲームなのかお試し感覚だったはずなのにどっぷり浸かっていました。




 昨日の夜のデータは消して新たに始めるつもりです。
 宇喜多直家でプレイするつもり。
 宇喜多直家でプレイして裏切りと謀略と反逆と下剋上と悪逆の限りを尽くして暗黒の帝国を作るつもりです。ふふふのふ。

 本当は宇喜多直家の娘でプレイして、姉達を引き取ってパパ上の酷い仕打ちからお助けして、そしてパパ上を配下に引き取ってパパ上の悪逆を阻止しながら、自分は裏切りと謀略と反逆と下剋上と悪逆の限りを尽くし腹黒い武将を配下に従えて闇よりもなお暗い暗黒帝国を作りたいのですが、宇喜多直家の娘だと登録武将の作成で作成して登録しなければならず、最初のプレイでそこまでしたくない。
 まずは宇喜多直家で本物の外道を堪能しようと思っているところなのです。

 否。天下統一とか領土拡張とかそんなのどうでもよいのです。
 領地内政が楽し過ぎる……。
 城主になってからのお城周辺の内政が楽し過ぎる……。
 引きこもって内政だけしていたい。でもそれじゃあ滅ぼされてしまうんだなあ。

 滅ぼされるのだけは駄目です。駄目絶対。
 宇喜多の名にかけて必ずどす黒い射干玉の暗黒帝国を作ってやる。と思っているところなのでございます。

ジャンル:
シミュレーション
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間は誰でもみんな灰色の魂... | トップ | 仙翁(センノウ)その8。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
烈火のごとく天下を取れ(ファミコン) (じおこんふり〜く)
2017-06-15 21:24:35
 信長は、最初期のドットのゲームを遊んだことがあります。
 信長しか選択できず。
 東には今川、北には斎藤……
 下の方には松平がいたので、まずはそこを虐めるところからスタートしてました……
 最近のは、全然違うのでしょうね(笑)
Unknown (狐)
2017-06-15 22:11:49
 コメントありがとうございます。じおこんふり~くさん。

 最新版だと全国マップでリアルタイムで各勢力が動きます。
 なので陽動作戦とか時間差攻撃とかが可能です。
 通常の合戦の他に城攻めや海戦もあります。
 内政はシムシティみたいな感じで楽しいです。

 登場する武将の数が膨大なので、各武将の解説を読んでいるだけでも面白いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL