狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

『エイリアン刑事(デカ)』上下巻/大原まり子

2016年10月16日 17時44分40秒 | 小説・本に関する日記





 昨日の夜は、大原まり子の小説『エイリアン刑事(デカ)』の上下巻を読み返していました。

 2198年。
 トオキョウ港湾区に2機の小型宇宙艇が墜落する。
 乗っていたのは異星より飛来した宇宙人の刑事と犯人。
 その夜、国家警察殺人課の刑事であるレイは墜落現場で号とに首を絞められて瀕死の重傷を負う。
 ゼリー状の異星人の刑事は気絶しているレイの体に侵入して……。

 SF小説です。
 作者によると、ハル・クレメントの「20億の針」と映画「ヒドゥン」にインスパイアされているそうです。

 大原まり子の作品はお洒落なのです。
 お洒落で骨太なのです。
 言葉の選び方やお話の進め方に私はくらくらしてしまうのです。

 面白いですよ。
 お勧めです。

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Example is leadership. | トップ | さだめとあれば心を決める。... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL