狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

相手を信じねぇってことは相手からも信じられねぇってことだ。

2016年10月14日 18時00分10秒 | サッカーに関する日記



 W杯アジア最終予選の第4戦、日本代表対オーストラリア代表の試合は1-1で引き分けでありましたね。


 あはははは。
 引き分けという結果で、肝の小さい人達が暴れてる。
 でもって、混乱した状態になればお金儲けができる人達がより混乱させようと暴れてる。
 迷惑ではあるのだけれども大迷惑ではあるのだけれども、これもワールドカップ最終予選の醍醐味ですね。あはははは。

 日本サッカー界はずいぶん前からポゼッションではなく速い攻撃と強固な守備を身につけようとしています。
 近年の代表監督は皆、強固な守備から速い攻撃を繰り出すチームを創ることに長けている監督達です。
 これはワールドカップ本戦を見据えてのこと。
 アジアとの戦いではこのやり方は苦戦しますよ。でも相手を守り潰すという戦い方はいつかは身につけなければなりません。
 ま、違うサッカー或いは違う哲学を受け入れるのは難しいことではありますが。
 代表は準備期間が短いのが苦しいところでありますね。

 予選はまだ6試合あります。
 まだまだ問題点が噴出してくることでしょう。
 力はあるのだからゆるゆると改善していけばよいのです。

ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月15日と16日は倉敷... | トップ | 逆運に勇ましき胸を向けよ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL