狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

猫を尊重することは美的感性を得る第一歩である。

2017年05月18日 12時24分18秒 | 知人、友人に関する日記




 私の知り合いのお方に突いてはいけない核心とか本質を突きたがるお方がいます。

 先日の事。
 その知人に、「あなたのボケは分かりにくい」と言われてしまいました。orz。
 そして「あなたは解りにくいボケをかます人だから、的確なツッコミの出来る人を相方に確保しなさい」と、言われてしまいました。orz。
 「ジョークを言っているのに理解されない可哀想な人になってますよ」と。

 うん。知ってた。薄々ながら知ってた。
 自覚するのは少し悔しいから認めてはいなかったけれども、薄々ながら知ってた。
 でも、囁くのです。私の魂(←魂と書いてゴーストと読む)が。隙あらばボケろと。分かりやすいとか分かりにくいとか考えずにボケろと。心の赴くままにボケろと。センスがあろうがなかろうがボケろと。

 近頃は心に余裕がないせいか、ボケてもつまらないものや訳の分からないものしか出てきません。
 世知辛い世の中です。
 エレガントに笑いの一つも満足にとれない器の小さき人間が如何して世間の荒波をどんぶらこと乗りこなせましょうや。
 荒波に揉みくちゃにされた挙句、襤褸雑巾のように叩きのめされて冥府魔道に堕されてしまいます。
 あな怖ろしや。桑原桑原。もっとしなやかにもっと大きな器の人間にならねば。


 否。そんな事より、もしかしてひょっとしてひょっとしてもしかして知人は遠回しに「さっさとお相手のお方を見つけて結婚しろ!」と、言いたかったのでせうか?
 かかかかかっ。
 さっさとお相手のお方を見つけるようなことが出来れば苦労なんてしていないですよ。
 否。本当に苦労なんてしていないのですが。
 それが難しいからこその独り身なわけなのです。
 と、開き直るのも悔しい。orz。



 知人に突かれたくない核心を突かれて動揺している今日この頃なのでございます。


ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チームプレーとは都合のよい... | トップ | 『セラフィム 2億6661万3336... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL