狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』DVD第4巻

2017年08月05日 15時42分46秒 | 映画・ドラマに関する日記




 昨日の夜は、ドラマ『勇者ヨシヒコと導かれし七人』のDVDの最終巻を観ていました。

 勇者のヨシヒコ達は冒険の末に魔王バルザスを倒す。
 しかし仏から、バルザスは「知事のようなもの」で上位の「総理大臣のような」世界を闇に葬ろうとしている魔王が存在する事を知らされる。
 その魔王には弱点が7つあり、それを攻撃するためには7人の「玉人」の協力を得なければならない。
 玉人を探し出す使命を帯びた4人は、再び経験値をリセットされて冒険を始める事になる。

 監督は、福田雄一。
 出演者は、山田孝之、木南晴夏、ムロツヨシ、岡本あずさ、佐藤二朗、宅麻伸、など。
 『勇者ヨシヒコと魔王の城』、『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』に続く勇者ヨシヒコシリーズの第3弾です。
 最終巻では、第10話「天空城の奇妙な案内人…試練の扉と絶望のループ!!」と第11話「魔王目前迷宮に眠る最強装備を入手せよ!!」と最終話「死闘開始…最強の魔王降臨」が収録されています。

 きちんと悪ふざけと悪ノリをしてきちんとRPGをパロディにしています。
 第3弾は悪ふざけ度がさらに増していますね。様々な作品をネタにしていて色々ときわどいです。
 大人の事情ネタは大好き。
 下らなさと脱力系のギャグが満載でありますよ。
 最終話のネタの幾つかは私のツボでありました。
 あの作品のあのラストは端的に述べるとそうなるよね。


 面白かったですよ。
 楽しめました。


『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暴力を隠すことができるのは... | トップ | 撫子(ナデシコ)その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL