狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

新聞記者は戦争を始めることができる。意図を持ては世の中を危険な方向に導けるのだから。

2017年07月08日 11時51分17秒 | その他の日記




 朝日新聞社はある特定の政治団体の選挙妨害を市民の声として報道するのですね。
 貴方達はある特定の政治団体の選挙妨害であることを知っているはずです。ベストポジションで取材していたのだから。
 それでもはある特定の政治団体の選挙妨害を市民の声として報道するのですね。
 ということは朝日新聞社は特定の政治団体が選挙妨害を行ってもそれを是認するというわけなのですね。
 でもそれは民主主義の破壊ですよ?
 朝日新聞社は民主主義は破壊されるべきだと思っているということなのでしょうか?

 現在の朝日新聞社の報道の姿勢は戦前の朝日新聞社の報道の姿勢とそっくりです。
 戦前に朝日新聞社は政治的な混乱を生み出して大政翼賛会の誕生に大きく貢献し大政翼賛会の中枢に人物を送り込んで戦時体制を作り上げることに大きく関与しています。
 朝日新聞社は再び自らの手で戦前の日本の政治体制と酷似した国家社会主義の体制を作りたいのでしょうか?

 主義主張を好き勝手に述べるのは構いません。日本は共産主義国ではないのですから。
 しかしある特定の政治団体の選挙妨害を市民の声として報道するのは、選挙妨害を是認し後押ししていることになります。
 この姿勢はメディアとしてあるべき姿とは思えません。
 そしてその姿勢は民主主義を破壊する行為を積極的に進めていると思われても仕方のない行為です。

 さらにあの声を上げた人達の中に極左テロリスト集団が混じっています。
 それは貴方達はよくご存じのはずです。ベストポジションで取材していたのですから。
 朝日新聞社は極左テロリスト集団を是認するのですか?
 何人もの人を殺し今もなお武力革命の実行を公言している極左テロリスト集団を市民の声と報道するのですか?
 その行為は極左テロリスト集団を支持していると見做される可能性があります。
 それとも朝日新聞社は武力革命の実行を公言している極左テロリスト集団を支持しているのですか?

 たとえ一部分で意見が一致していたとしても、行動を共にしてよい集団と行動を共にしてはいけない集団とは見分ける必要があると私は思うのですよ。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 織女し 船乗りすらし真澄鏡 ... | トップ | 先が読める選手が真にクレバ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他の日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL