狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

人は何を笑いの対象にするかでその人の人格がわかる。

2017年04月21日 14時42分55秒 | 知人、友人に関する日記



 先日。友人宅で遊んでいた時のこと。

 友人夫婦と友人のぼんくらなDNAを1/2引き継いでしまったにも関わらず良い子に育っているらしい小さき者と一緒に寛いでいたのです。
 その最中に、友人のぼんくらなDNAを1/2引き継いでしまったにも関わらず良い子に育っているらしい小さき者が私に尋ねました。「なんでおべんきょうをしなければならないの?」

 お子様の質問には正確に答えなければなりません。
 し、しかし、この質問はもしかすると私は試されているのではないか?
 恐る恐る友人の顔を見ました。友人は笑いに厳しいお方です。
 もしかすると友人はお子様のこの質問に対して私がおもしろ回答をすることを望んでいるのではないか?
 そして囁くのです。私の魂(←魂と書いてゴーストと読む)が。ボケろと。

 私は空気を読むのが苦手です。
 ここは真面目に答えるのが正解の局面なのかボケるのが正解の局面なのか?



 安全策を取り、学生時代にお勉強をしなかった為にあんぽんたんの道をひたすら驀進する身を鑑みた上でお子様の質問に真摯に答えた私はそうです意気地なしです。
 友人には「さすがは学生時代に惰眠を貪った者が述べることは説得力がある」とお褒めの御言葉をいただきました。てへ。
 友人のぼんくらなDNAを1/2引き継いでしまったにも関わらず良い子に育っているらしい小さき者には「おべんきょうします」と言っていただけたので私が申したことは理解してくださったようで何よりです。
 友人の旦那様は何故かおろおろしていました。

 友人には更に「君は平気で自分を貶める話をする捨て身なところが良いところで見事であるよ」とお褒めの御言葉をいただきました。いやあ。それ程の者でもありませんよ。てへ。
 友人のぼんくらなDNAを1/2引き継いでしまったにも関わらず良い子に育っているらしい小さき者にも「ほめてとらす」とお言葉をいただきました。てへ。
 友人の旦那様は何故かおろおろしていました。何故におろおろしていたのかは私には分かりません。



 友人は旦那様と仲が良くDNAを1/2引き継いだ小さき者もいて幸せそうです。
 仲良きことは美しき哉。
 何よりでございます。


ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釣鐘水仙(ツリガネズイセン... | トップ | 『ふうらい姉妹』第4巻/長... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL