狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

その土地の水を飲んだらその土地の習慣に従え。

2017年03月21日 12時17分04秒 | その他の日記



 どんな土地でも迂闊には踏み込んではいけない領域があります。
 決して公では口にしないけれども存在している物凄く深くて複雑な領域。公の場で口にするならば余程の覚悟と余程の準備と真っ当で真摯な姿勢で臨まなければならない深く深く複雑な領域。そんな領域はどの土地にも存在しています。
 外部の者が何も知らずにその領域を公の場で突っつきまわすと非常に危険な状態になります。なので普通ならば公の場で騒ぎだす前にきちんと調べるはずなのですよ。
 件の案件は土地勘のあるものは騒ぎに参加していません。このことは何を意味するのか?
 私は何も知りませんよ?

 ここまでの騒ぎになっても勿論その領域は決して表には出てきません。表に出す必要もありません。関係の無いお話です。

 土地勘のある人ならば件の案件の事情を察することが出来たのかもしれません。
 もしかすると、あの案件は口にはできない事柄だけれども誰も損をしない解決法だったのかもしれません。
 そうだったとしてもここまでの騒ぎになってしまったのならば御破算ですね。 
 そしてもし件の案件が迂闊に踏み込めない領域の案件であるならば、真相は決して表には出てきません。
 政治家も各メディアもジャーナリストも絶対に公の場で述べたりはしません。野党や大新聞社ならばなおさらこの繊細で複雑な領域には踏み込まないでしょう。
 どんな土地でも、迂闊には表に出ないほうがよい事柄というものは存在します。
 調べずに騒ぎにしておいて、調べてみるとこの領域に踏み込むことになるとしたならば、相当の覚悟と完璧な準備と真っ当で真摯な姿勢が必要となります。
 藪を突いて雀を虐めて楽しんでいる気分でいると、何か別のものが襲いかかってくる可能性がありますよ?
 真相をつきとめてみると政治家は関与していないけれども非常に厄介な事柄が絡んでいる可能性がありますよ。
 

 すみません。
 単なる私の推論です。
 私は何も知りませんよ?

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紫花菜(ムラサキハナナ)そ... | トップ | 『スター・トレック BEYOND』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL