gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-03-06 16:38:52 | 日記

^ アルノルト (1994: 112)。
^ 三木 (1992: 187-88)。
^ 三木 (1992: 198)。
^ アルノルト (1994: 89)。
^ 三木 (1992: 187-89)。
^ アルノルト (1994: 116)。
^ 三木 (1992: 192-94)。
^ 三木 (1992: 194-98)。
^ アルノルト (1994: 120-22)。
^ 三木 (1992: 203)。
^ 三木 (1992: 176, 203)。
^ 三木 (1992: 204)。
^ アルノルト (1994: 126)。
^ 三木 (1992: 206)、アルノルト (1994: 128)。
^ アルノルト (1994: 128)、高階 (1971: 132)。
^ “The Life of Edvard Munch: 1910-1912, 1913-1915” (English). The Munch Museum. 2016年8月30日閲覧。
^ 三木 (1992: 208-10)。
^ 三木 (1992: 210-12)。
^ 新人物往来社 (2012: 141)、アルノルト (1994: 138)。
^ 三木 (1992: 231)。
^ 三木 (1992: 210)。
^ a b “The Life of Edvard Munch: 1922-1929” (English). The Munch Museum. 2016年8月30日閲覧。
^ アルノルト (1994: 159)。
^ 三木 (1992: 231)。
^ 新人物往来社 (2012: 142)。
^ 三木 (1992: 244-45)。
^ 三木 (1992: 251)。
^ 三木 (1992: 252)。
^ 三木 (1992: 254-55)。
^ a b 高階 (1971: 130)。
^ 高階 (1971: 126-31)。
^ 高階 (1971: 132)、高階 (2008: 43-46)。
^ ゴンブリッチ (2011: 435)。
^ 高階 (1971: 129)。
^ 高階 (2008: 124-28)。
^ 高階 (2008: 155-57)。
^ 野村 (1974: 79)。
^ アルノルト (1994: 64, 84)。
^ 野村 (1974: 80-81)。
^ 高階 (1975: 15, 21, 27)。
^ 新人物往来社 (2012: 142)。
^ “1000-krone note”. Norges Bank (2006年7月3日). 2016年9月8日閲覧。
^ 『白樺』第2巻第6号、p.121。
^ 『白樺』第2巻第4号、pp.72-86。
^ 三木 (1992: 257)。
^ “The Life of Edvard Munch: 1940-1944” (English). The Munch Museum. 2016年8月30日閲覧。
^ 石坂 (2016: 22)。
^ 《オースゴールストランの夏》 - 群馬県立近代美術館ホームページ
^ エドワルド・ムンク - ヨーロッパ近代洋画 - [ひろしま美術館]
^ “Edvard Munch – Mystery behind the Canvas” (English). Kunsthalle Bremen. 2016年9月3日閲覧。
^ 石坂 (2016: 22-23)。
^ a b Carol Vogel (2012年5月2日). “‘The Scream’ Is Auctioned for a Record $119.9 Million” (English). New York Times
^ アルノルト (1994: 54-55。
^ 新人物往来社 (2012: 24)。
^ Walter Gibbs, Carol Vogel (2004年8月23日). “Munch's 'Scream' Is Stolen From a Crowded Museum in Oslo” (English). New York Times 2016年9月3日閲覧。
^ “Stolen Munch paintings found safe” (English). BBC News. (2006年8月31日) 2016年9月3日閲覧。
^ 石坂(2016: 10-25)。
^ アルノルト (1994: 50-51)。
^ a b 新人物往来社 (2012: 93)。
^ 新人物往来社 (2012-93-94)。
^ アルノルト (1994: 95-100)。
^ アルノルト (1994: 78-80)。
^ 新人物往来社 (2012: 120)。
^ アルノルト (1994: 83)。
^ アルノルト (1994: 83)。
^ アルノルト (1994: 88)。
^ アルノルト (1994: 144)。
参考文献[編集]
マティアス・アルノルト 『エドヴァルト・ムンク』 真野宏子訳、PARCO出版〈パルコ美術新書〉、1994年(原著1986年)。ISBN 4-89194-386-6。
石坂泰章 『巨大アートビジネスの裏側――誰がムンクの「叫び」を96億円で落札したのか』 文藝春秋〈文春新書〉、2016年。ISBN 978-4-16-661079-2。
エルンスト・ゴンブリッチ 『美術の物語――ポケット版』 ファイドン、2011年(原著1950年)。ISBN 978-4-86441-006-9。
新人物往来社編 『ムンクの世界』 平松洋解説、新人物往来社、2012年。ISBN 978-4-404-04268-2。
高階秀爾 『続 名画を見る眼』 岩波書店〈岩波新書〉、1971年。ISBN 4-00-414065-X。
高階秀爾 『近代絵画史(下)』 中央公論新社〈中公新書〉、1975年。ISBN 4-12-100386-1。
高階秀爾 『世紀末芸術』 筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2008年。ISBN 978-4-480-09158-1。
野村太郎 『ムンク』 新潮社〈新潮美術文庫〉、1974年。ISBN 978-4-10-601438-3。
ウルリヒ・ビショフ 『エドヴァール・ムンク』 タッシェン・ジャパン、2002年。ISBN 978-4887831285。
R.ヘラー 『ムンク 叫び』 佐藤節子訳、みすず書房〈アート・イン・コンテクスト〉、1981年(原著1973年)。ISBN 4-622-02107-2。
三木宮彦 『ムンクの時代』 東海大学出版会、1992年。ISBN 978-4486011972。
外部リンク[編集]
ウィキメディア・コモンズには、エドヴァルド・ムンクに関連するメディアおよびカテゴリがあります。
英語版ウィキクォートに本記事に関連した引用句集があります。
エドヴァルド・ムンク
ムンク美術館 (英語)
典拠管理
WorldCat VIAF: 61624802 LCCN: n79006348 ISNI: 0000 0001 2135 7541 GND: 118585738 SELIBR: 208221 SUDOC: 027326950 BnF: cb12363518c (data) BIBSYS: 90052639 ULAN: 500032949 NLA: 35368296 NDL: 00450801 NKC: jn20000720179 BNE: XX1045899 RKD: 58436
カテゴリ: ノルウェーの画家表現主義19世紀の美術家ノルウェー・クローネ紙幣の人物1863年生1944年没ヘードマルク県出身の人物
案内メニュー
ログインしていませんトーク投稿記録アカウント作成ログインページノート閲覧編集履歴表示検索

Wikipedia内を検索
表示
メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)
ヘルプ
ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ
印刷/書き出し
ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン
他のプロジェクト
コモンズ
ツール
リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用
他言語版
العربية
Dansk
English
Español
हिन्दी
한국어
Norsk bokmål
Русский
中文
他 76
リンクを編集
最終更新 2017年2月12日 (日) 12:31 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。