きまぐれ

気付けば古希がすぐそこまで近づいているが まだまだ元気な 建築系おやじの疑問・つぶやき、街の風景も。

耐震偽装の続き

2007年10月16日 | 建築屋のメ

基礎杭は完了してるって あったから、おやっと思い

国土交通省の発表内容を確認したら

横浜市内の物件における構造計算書の偽装とその対応について
ライン
Back to Home

平成19年10月15日
<問い合わせ先>
住宅局建築指導課
(内線39564)
TEL:03-5253-8111(代表)

 

 国土交通省では、横浜市内の建築物について、構造計算書が偽装されている可能性があるとの情報提供を受け、特定行政庁である横浜市に通報し、調査を進めてきました。
 今般、横浜市より偽装の事実について報告がありましたので、下記のとおり公表します。


  1. 物件概要
    物件名  (仮称)グランドメゾン横濱紅葉坂計画
    地名地番 神奈川県横浜市西区宮崎町58番1、60番2
    建築主 積水ハウス(株)
    設計者 (株)松田平田設計(構造設計は(株)構造計画研究所に委託)
    構造設計者 (有)藤建事務所((株)構造計画研究所から再委託)
    確認年月日 平成19年6月12日
    ※改正建築基準法の施行日(6月20日)以前の確認
    確認を行った機関 (株)東日本住宅評価センター
    特定行政庁 横浜市
    構造/階数 鉄筋コンクリート造/地上9階・地下1階 (高さ 約30m)
    延べ面積 約26,000㎡
    ※地上部分は5棟から構成
    用途 共同住宅(99戸)
    現況 工事中止(基礎杭まで施工済)
    住戸の販売は未開始

 

だった、つまり確認はおりていた、確認審査機関は偽装に気付かなかったんだ。

しかも 本件の他にも 複数出てきそうな・・・。

偽装を発見したのは「住宅性能評価」審査機関だ、この辺が また問題になるぞ。

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また耐震偽装だと | トップ | ジャンカ発見 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
国土交通省 (みきのブログ)
Infrastructure and Transport)は、日本の中央省庁の一つ。国土計画の他、河川、都市、住宅、道路、港湾、官庁営繕などの建設・維持管理といったハード面のほか、交通・観光政策、気象業務、防災対策、日本国内管轄の海の治
耐震偽装 横浜市 (欠陥住宅ランキング)
7施設が休業、使用中止 耐震偽装の公共施設/遠藤孝建築士は「平成元年ごろからマンションを中心に全国で約70件の構造計算を担当した」としている。国土交通省では、49物件への遠藤建築士の関与を把握、うち46件の建物を1都10県で特定している。 内訳は、東京1...