永子の窓

趣味の世界

蜻蛉日記を読んできて(204)

2017年07月11日 | Weblog
蜻蛉日記 下巻 (204) 2017.7.11

「助ありきし始むる日、道に、かの文やりしところ、行きあひたりけるを、いかがしけん、車の筒かかりてわづらひけりとて、あくる日、『よべはさらになん知らざりける。さても、
〈年月のめぐりくるまの輪になりて思へばかかる折もありけり〉
と言ひたりけるを、取り入れて見て、その文の端になほなほしき手して、『あらずここには、あらずここには』と重点がちにてかへしたりけんこそなほあれ。」

◆◆道綱が病後はじめて外出した日、道でいつか文をやった人(大和だつ人)と行き会って、どうしたことか、車の車輪の真ん中がひっかかって難儀をしたということで、あくる日、助が「昨夜は全然存じませんでした。それにしても、
(道綱の歌)「長い間あなたを思っていると、昨夜のような出会いもあるものですね」といって送ったのを、あちらではでは取り入れて見て、その手紙の端に、上手ではない筆跡で、「ちがいます。私では。違います私ではありません」と、飾り字だらけで書いてよこしたのは、まったく平凡で見栄えのしないものでした。◆◆

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蜻蛉日記を読んできて(203) | トップ | 蜻蛉日記を読んできて(205) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。