永子の窓

趣味の世界

蜻蛉日記を読んできて(147)その3

2016年10月15日 | Weblog
蜻蛉日記  下巻 (147)その3  2016.10.15

「のちに聞きしかば、『ありしところに女子うみたなり。さぞとなんいふなる。さもあらん。ここに取りてやはおきたらぬ』などのたまひし、それななり。させんかし」など言ひなりて、便りを尋ねてきけば、この人も知らぬをさなき人は十二三のほどになりにけり。ただそれ一人を身に添へてなん、かの志賀の東の麓に、水うみを前に見、志賀の山をしりへに見たるところの、いふかたなう心ぼそげなるに明かし暮してあなると聞きて、身をつめば、
なにはのことを、さる住ひにて思ひ残し言ひ残すらんとぞ、まづ思ひやりける。」

◆◆あとになって聞いたところでは、「いつかの女のところでは、女の子を産んだということだ。私の子だと言っているそうだ。おそらくそうであろう。ここに(道綱母のところで)引き取って側に置いておかないかね」などとおっしゃっていた、その女の子でしょう。そうしましょうよ」などということになって、つてを求めて聞くと、父である兼家も知らない幼い子は、十二、三歳になっていました。その女はただその子を一人の身から離さず、あの志賀の山の東の麓の、湖を前に見、志賀の山を後ろに見えるところの、なんともいいようのない心細げな所で、日々を過ごしているそうだと聞いて、私は我が身につまされ、いったい何事をそのような侘しい生活をして、思い残し、言い残しているだろうと、真っ先に察したことでした。◆◆


■この人も知らぬ=兼家も知らぬ

■身をつめば=我が身をつねって他人の痛みを察すること。転じて我が身を顧みて他を思いやるの意。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蜻蛉日記を読んできて(14... | トップ | 蜻蛉日記を読んできて 解説① »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。