永子の窓

趣味の世界

蜻蛉日記を読んできて(184)その3

2017年04月19日 | Weblog
蜻蛉日記  下巻 (184)その3  2017.4.19

「さて返りごと、今日ぞものする。『このおぼえぬ御消息は、この除目の徳にやと思ひたまへしかば、くなはちもきこえさすべかりしを、<殿に>などのたまはせたることのいとあやしうおぼつかなきを、たづねはべりつるほどの、唐土ばかりになりにければなん。されどなほ心えはべらぬは、いときこえさせんかたなく』とてものしつ。端に、<曹司にとのたまはせたる武蔵は、≪みだりに人を≫とこそきこえさすめれ>となん。さて後、同じやうなることどもあり。返りごと、たびごとにしもあらぬに、いたうはばかりたり。」

◆◆さて、返事はやっと今日したためました。「この思いがけないお手紙は、この度の除目のためかと存じましたので、ただちにお返事申し上げねばなりませんでしたが、『殿に』などとおっしゃいました事がとても気になりましたので、訊ねておりました間に、唐土へ問い合わせるほどの時間がかかりました次第でございます。けれどもやはり納得できませんことで、何とも申し上げようもございません」と書きました。そして端に、「お部屋にとおっしゃいます武蔵は、『みだりに人を』と申しているようでございます。と書き添えました。さて、その後も同じような便りが幾度もありました。返事はその度ごとには必ずしもしませんでしたので、右馬頭は遠慮がちでありました。◆◆


■「みだりに人を」=後撰集「白河の滝のいと見まほしけれどみだりに人は寄せじものをや」右馬頭に協力する意思のないことをいう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蜻蛉日記を読んできて(18... | トップ | 蜻蛉日記を読んできて(185) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。