永子の窓

趣味の世界

蜻蛉日記を読んできて(190)

2017年05月18日 | Weblog
蜻蛉日記  下巻 (190) 2017.5.18

「さくねりても又の日、『助の君、今日人々のがりものせんとするを、もろともに寮にときこえになん』とて、門にものしたり。例の硯乞へば紙置きて出だしたり。入れたるを見れば、あやしうわななきたる手にて、『むかしの世にいかなる罪をつくり侍りて、かう妨げさせ給ふ身となり侍りけん。あやしきさまにのみなりまさり侍るは、なり侍らんこともいとかたし。さらにさらにきこえさせじ。今は高き峰になんのぼり侍るべき』などふさに書きたり。」

◆◆そのように恨みをこぼしても次の日、「助の君、今日あちらこちらを訪問しようと思いますので、ご一緒に役所まで、と申し上げに」と言って、門口まで来ています。先日のように硯を所望するので紙を添えて出しました。書いてよこしてのをみますと、変にふるえた筆跡で、「前世でどんな罪を犯したために、このようなお扱いを受けるのでしょう。ますます事がこじれていくようでこの分では事の成就(結婚)することもむずかしいように思います。もう決して決して何も申し上げますまい。今は高い峰にでものぼるつもりでございます。」などと、たくさん書いてあります。◆◆



「返りごと、『あなおそろしや、なだかうのたまはすらん。うらみきこえ給ふべき人は、ことにこそ侍るべかまれ。峰は知り侍らず、谷のしるべはしも』と書きて出だしたれば、助ひとつに乗りてものしぬ。助の、給はり馬いとうつくしげなるを取りて帰りたり。」

◆◆返事には「まあ、なんということを仰るのでしょう。おうらみになるべき方は私ではなく別の(兼家)人でございましょう。峰のことは存じません。谷の方のご案内なら」と書いて出したところ、右馬頭は助と同乗して出かけて行きました。助は下されもののたいそう立派な馬をもらって帰ってきました。◆◆

「その暮れに又ものして、『一夜のいとかしこきまできこえさせ侍りしを思ひ給ふれば、さらにいとかしこし。いまはただ、殿よりおほせあらんほどを、さぶらはんなどきこえさせになん、今宵は生ひ直りしてまゐり侍りつる。〈な死にそ〉とおほせ侍りしは、千年の命堪ふまじき心ちなんしはべる。手を折り侍れば指三つばかりはいとよう臥し起きし侍れど、おもひやりのはるかに侍れば、つれづれとすごし侍らん月日を、宿直ばかりを竹簀の端わたり許され侍りなんや』と、いとたとしへなくけざやかに言へば、それにしたがひたる返りごとなどものして、今宵はいととく帰りぬ。」

◆◆その夕暮れにまた右馬頭が訪れてきて、「先夜の恐れ多いまでに申し上げましたことを思い起こしますと、恐縮の至りでございます。今はただただ、殿より仰られた、あのときの仰せにあるまで控えているつもりでございますと、申し上げに参りました。『死んではいけない』と仰せがございまいしたが、千年の寿命がありましても、こんな状態ではとても耐えられそうにもありません。指を折って数えますと、指三本折る三ヶ月の間はなんとか過ごせそうですが、これから先はずいぶん長く八月は考えても先のことなので、その月日の間、せめて宿直なりとも、すのこの端あたりでお許しくださいませんでしょうか」と先夜とは打って変わってはきはきと言うので、それに応じた返事などをしますと、その夜はさっさと帰って行きました。◆◆

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蜻蛉日記を読んできて(18... | トップ | 蜻蛉日記を読んできて(191 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。