永子の窓

趣味の世界

蜻蛉日記を読んできて(206)その2

2017年07月27日 | Weblog
蜻蛉日記 下巻 (206) その2  2017.7.27

「女車なりけりと見るところに、車の後のかたにあたりたる人の家の門より、六位なるものの太刀はきたる、ふるまひ出で来て、前のかたにひざまづきてものを言ふに、おどろきて目をとどめて見れば、かれが出で来つる車のもとには、赤き人、黒き人押し凝りて、数も知らぬほどに立ててけり。よく見もていけば、見し人々のあるなりけりと思ふ。」

◆◆女車だったのだなあ、とみているところに、車の後ろの方にあたっている家の門から、六位の者たちで太刀を腰につけて、威儀を正して出てきて、車の前の方にきて膝まづいて何かを言っているので、おやと思って注意してみると、その六位の者が出てきた車のそばには、緋色の袍の人たちや黒色の袍の人たちがぎっしり詰めかけていて、数えきれないほど立っているのでした。よくよく見ていくと、顔見知りの人がいるのに気が付きました。◆◆


「例の年よりはこと疾うなりて、上達部の車、かい連れてくるもの、みなかれを見てなべし、そこにとまりて同じところに口をつどへて立ちたり。」

◆◆例年に比べて今年の臨時祭の儀式が早く済んで行列が来ました。上達部の車や、連れだって歩いて来るものはみな、その檳榔毛の車を取り囲んでいる様子を見ていたであろう。
私はそこに止まって、同じところに車の前をそろえてとどめました。◆◆


「わが思ふ人、にはかに出でたるほどよりは、供人などもきらきらしう見えたり。上達部手ごとに菓物などさし出でつつ、もの言ひなどし給へば、おもだたしき心ちす。また、ふるめかしき人も、例のゆるされぬことにて山吹のなかにあるを、うちちりたる中にさしわきてとらへさせて、かのうちより酒など取り出でたれば、土器さしかけられなどするを見れば、ただそのかた時ばかりや、ゆく心もありけん。」

◆◆私の大切な道綱は、急に舞人に召されて出たにしては、供人たちもきらびやかに見えました。上達部たちがめいめいの手に果物などを差し出しては、何か言葉をかけたりなさるので、私も晴がましい気持ちでした。また私の父にも

■六位なるもの=袍は位によって色が異なる。六位は緑色なので、作者は出てきた男を六位だと知った。

■上達部=公卿。大臣、大中納言など三位以上の官人を言う。ただし参議(四位)も入る。

■例のゆるされぬこと=父倫寧は当時、従四位上で散位(無冠)であったので、上達部と同席できなかった。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蜻蛉日記を読んできて(20... | トップ | 蜻蛉日記を読んできて(解説) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。