永子の窓

趣味の世界

蜻蛉日記を読んできて(176)その1

2017年03月13日 | Weblog
蜻蛉日記  下巻 (176)その1 2017.3.13

「六七月、おなじほどにありつつ果てぬ。つごもり廿八日に、『相撲のことにより内裏にさぶらひつれど、こちものせんとてなむ、いそぎ出でぬる』などて見えたりし人、そのままに八月廿よ日まで見えず。聞けば、例のところ繁くなんと聞く。移りにけりと思へばうつし心もなくてのみあるに、住むところはいよいよ荒れゆくを、人少なにありしかば、人にものして我が住むところにあらせんといふことを、我がたのむ人さだめて、今日あす広幡中川のほどに渡りぬべし。」

◆◆六月七月は、あの人の訪れはおなじような間隔で過ぎてしまった。七月の月末の二十七日に、あの人が「相撲のことで内裏に伺候していたけれど、こちらに来ようと思って、急いで退出してきた」などと言って見えたけれど、そのままに八月二十日過ぎまで訪れがない。聞くところによると、例の女のところに足しげく通っているとのことです。心が私から移ってしまったと思うと、正気もなくただぼんやり過ごしているうちに、この住居はますます荒れていくし、人も少なでもあったので、これを人に譲って、自分の家(父の家)に住まわせようということを、我が頼みにする父親が取り決めて、今日明日にも広幡中川のあたりに引っ越すことにまったのでした。◆◆



「さべしとはさきざきほのめかしたれど、『今日』などもなくてやはとて、『きこえさすべきこと』とものしたれど、『慎むことありてなん』とて、つれもなければ、『何かは』とて、音もせで渡りぬ。」

◆◆そうする予定だと、以前からほのめかしていたけれど、「今日引っ越すことを知らせなくてはならないと」などというので、「申し上げたいことがございまして」と使いの者に言わせましたが、「慎むことがあって、そちらへ行けない」と、つれない返事でしたので、「何、それなら」と黙って引っ越してしまいました。◆◆

■例のところ=近江の女

■広幡中川=現在の京都御所東方の地域。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蜻蛉日記を読んできて(175) | トップ | 蜻蛉日記を読んできて(17... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。