千代の思いやり弁当

千代は毎週日曜・祝日103歳のお向かいの方へ思いやり弁当をお届けしています。

3月19日 お弁当献立・春日和

2017-03-19 12:39:28 | グルメ
フイットネスでいなり湯が
ステアマスターをしている私の横で
話してくれます。

日馬富士が4月1日八坂神社
土俵入りするんですって!」

「白鵬じゃないのね。」

「ええ、八坂神社の400年祭で、
9時から整理券発行するそう。」

「9時から。」

「2000枚発行で、
2000人もあそこに入るのかしら。」

「押し込んだら入るでしょう。」

松鳳山知ってます?」

「外人と思ったら日本人よね。」

「そうそう、色が黒いから。
母のいとこの孫なんですって。」

「そら、日本人ですね
早く聞いておけばよかった。」

「最近知ったの!」

何処で親戚になるか、ファミリーヒストリーですね。


帰り、たくさん春を見つけました。

勝山公園は親子連れで一杯

        

桜の陽光がもうすぐ咲きそう。

        

コンクリートの間からタンポポが覗いてます。

        
             

3月19日 お弁当お品書
1 たけのこご飯
2 牛肉の香草焼き
3 鶏肉の木の芽風天婦羅
4 青菜のごま酢あえ
5 にんじんとたくあんのあえもの
6 ふきの青煮
7 若竹汁
8 杏仁豆腐の黒蜜かけ


一品づつできあがりました

1 たけのこご飯

たけのこを薄切りし、だしと調味料で汁けがなくなるまで煮ます。米を昆布の漬け汁と調味料で炊き、途中たけのこを加え炊き上げます。


2 牛肉の香草焼き

牛肉を巻き、小麦粉をうすくまぶし、フライパンで焼きます。青じそ・しょうが・にんにく・あさつきをふりかけ酒醬油をかけ、大根おろしを添えます。


3 鶏肉の木の芽風天婦羅

木の芽の入った天婦羅衣を作ります。鶏むね肉・ふきとニンジンを衣をつけて揚げます。


4 青菜のごま酢あえ

春菊は茹で、水けをきります。酒としょうゆで下味をつけ、ごま酢を作りあえます。


5 にんじんとたくあんのあえもの

実は数の子入りのあえものだったのですが今はありません。明太子の薄皮をはぎフライパンでみりんと薄口醤油で炒めました。好評でした。


6 ふきの青煮

ふきはゆがいて水の中で皮を剥きます。だしと調味料を沸騰させふきを煮ます。だしを一旦冷やしふきを漬け込みます。高野豆腐を煮て、添えます。


7 若竹汁

新筍を米のとぎ汁でゆでます。そのまま冷やし、上の方を丸切りしみそ汁の中に入れ、わかめも入れます。


8 杏仁豆腐の黒蜜かけ


杏仁霜や生クリーム・牛乳・ゼラチンなどで杏仁豆腐を作ります。


上にはマンゴーをのせ、黒蜜をかけます。



お弁当に詰め合わせ





p.m.4:55お届けしました。

「こんばんは。」

「こんばんは。
今日も引き続きいただけるのですか?」

「はい、先日は和歌山のお土産ありがとうございました。」

「ああ、けし餅かたかったでしょう?」

「いいえ、柔らかくおいしかったです。」

「今日はたけのこご飯です。」

献立のイラストをご覧になられ

「きれいな筍ですね。」

「ネットから取り出しました。」

「はあ~ ありがとうございます。
いただきます。」


『お弁当』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月18日 お彼岸お弁当作りの... | トップ | 3月20日 お彼岸お中日おとき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。