世代交代

2017-09-16 05:30:23 | 日記
教員の世界もいよいよ世代交代ですな

同級生もどんどん退職・仕方ない 大量採用時代の世代が大量退職に・・・・・

職場世代のバランスが良いくなるかもね


全国の公立小中高で、20代の教員の割合が増えていることが14日、文部科学省が発表した

「学校教員統計調査」の中間報告でわかった。ベテラン教員の大量退職に伴って世代交代が進んでおり

特に首都圏などの小学校では20代の教員が2割以上になっている。



調査は3年ごとに実施されており、今回は2016年10月時点の状況を調べた。

その結果20代の教員は小学校が17・3%(前回比2・1ポイント増)、中学校が15・8%(同1・8ポイント増)

高校が10・8%(同1・8ポイント増)だった。



世代交代の理由となっているのは

1971~74年の第2次ベビーブームで生まれた子どもたちの進学に合わせて採用された教員たちが退職時期を迎え

新規採用が増えていること

50歳以上の教員は今回の調査でも小学校で36・2%、中学校で37・8%、高校で43・9%を占めており

大量退職は今後も続く見込み。


一方、20代の小学校教員の割合を都道府県別にみると

奈良県の25・1%が最も高く、愛知県の24・1%、大阪府の24・0%、千葉県の23・5%と続く。

このほかにも東京都が20・3%、福岡県が20・1%などで、都市部が特に多い。

対照的に、青森、秋田、宮崎、鹿児島の各県などでは20代が10%未満で、地域ごとのばらつきが大きい。



私さっさと早期退職しました ご苦労様です
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エネルギー革命 | トップ | タイムカード…管理職は敵か »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。